絶対王者ミック、屈辱の連敗!
2月4日と6日に行われたW杯アメリカ・ディアバレー大会の2戦は、ミックことミカエル・キングスベリー(カナダ)がどちらも勝てず。
衝撃的な展開となった。昨季は9戦7勝、今季は開幕3連勝中だった。

そして負け方がまた、印象深いものであった。
4日のシングルでは、予選から危なげなく勝ち上がり、スーパーファイナルは当然のごとくラストに登場。ただひとり、ダブルフル&コーク1080の最強エアを重ね、タイムもまずまず。しかしターンは、減点要素もあり伸びなかった。結果は超完璧なターンを披露したマット・グラハム(オーストラリア)に届かず。ターン点の差が2.4もあり、「力負け」のようにも見えた。

6日のデュアルでは準々決勝で波乱が。第一エアで先行したジミ・サロネン(フィンランド)に王者がなかなか追いつけない。最後にはなんとか差し切ったが、有利なはずのエアで負け。ほぼミスのなかったミックがやぶれるという、ここ数年見なかった光景となった。
「絶対王者でも、倒せないわけじゃない」と信じる選手が登場してきた。今回のマットやジミのような選手が、モーグルW杯をますます盛り上がる。

女子は、ソチ五輪女王ジャスティン・デュフォー-ラポイント(カナダ)が連勝。姉クロエ・デュフォー-ラポイント(カナダ)を抜き、総合ランク1位に立つことにも成功した。総合優勝大本命の本領発揮だ。

お知らせ

J SPORTSオンデマンド『ウインタースポーツパック』
アルペンスキー、モーグル、スキージャンプ、ロシアフィギュア、全米フィギュアが見放題!

ウインタースポーツパック :月額1,800円 (税抜)
※25歳以下の方は、U25割で月額900円 (税抜)でご利用いただけます!
詳しくはコチラ≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ