2月27日にいよいよ2016年J1が開幕する。今季は例年より開幕が1週間前倒しになったため、多くのクラブが急ピッチでチーム作りを進めてきた。

2月9日にアジアチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフのあったFC東京はその最たる例。1月22日から沖縄キャンプに入り、2月にいったん帰京してチョンブリFCに9−0で圧勝した後、再び宮崎・都城キャンプをこなすという慌ただしいスケジュールを強いられた。そして迎えた22日のACL1次ラウンド初戦・全北戦(アウェー)は1−2で完敗。オランダ移籍した太田宏介(フィテッセ)の後釜として大きな期待を背負っていたベテラン・駒野友一が負傷するアクシデントまで起きている。

このFC東京を見ても分かる通り、ACLに参戦するチームの負担は想像以上に大きい。昨季王者のサンフレッチェ広島にしても、20日のFUJI XEROX SUPER CUP・ガンバ大阪戦に勝利したものの、エース・佐藤寿人が左足に違和感を訴えて22日のACL・山東魯能戦を欠場する羽目になった。FC東京同様、アウェー初戦を落とす厳しいスタートになっただけに、J1への影響が懸念される。23日にそれぞれACL初戦を迎えるガンバ大阪、浦和レッズにしても、ACLとの掛け持ちになる第1ステージは非常にタフな戦いを強いられるのは間違いない。

となると、やはり第1ステージはACLのないチームが有利と考えるのが自然。その筆頭が昨季Jリーグヤマザキナビスコカップ王者の鹿島アントラーズではないだろうか。昨季第2ステージ2位、年間5位という成績でフィニッシュした鹿島だが、昨季からチームは大きく変わっていない。ダヴィや本山雅志(北九州)、豊川雄太(岡山)といった面々の移籍はあったものの、攻撃のキーマン・金崎夢生も最終的に復帰することになり、石井正忠監督も胸をなでろしていることだろう。それに加えて昨季まで湘南ベルマーレでキャプテンマークを巻いていた永木亮太、リオデジャネイロ五輪アジア最終予選メンバーだった三竿健斗、櫛引政敏らが加入。選手層は一段と厚くなった印象だ。ここまでの準備期間も順調と言われるだけに、彼らの動向が今季J1を大きく左右するはずだ。

ACLのないチームで、鹿島を追走しそうなのが、川崎フロンターレと横浜F・マリノスだろう。川崎は3年連続得点王の大久保嘉人という絶対的な点取屋がいるだけに、何とか今季はもう少し失点を減らし、守備面を安定させたいところ。U-23日本代表の奈良竜樹らの加入がプラスに働くかどうかが見ものだ。横浜の方は堅守は依然として大きな武器だが、問題は攻撃。キャプテン・中村俊輔が開幕直前になってインフルエンザを発症し、離脱するというショッキングなニュースも飛び込んできているだけに心配だ。松本山雅から加わった前田直輝ら新戦力がどれだけ攻めの迫力をもたらせるか。そのあたりもポイントになると見られる。

お知らせ

J SPORTSオンデマンド

◆ J SPORTSオンデマンドサッカーパックは
サッカーコンテンツ盛りだくさんで月額1800円!
・プレミアリーグ全試合
・ブンデスリーガ毎節4試合
・デイリーサッカーニュースFoot!
【会員無料動画】Un Poco Foot! 月曜日〜水曜日
詳しくはこちら »

サッカーパック :月額1,800円 (税抜)
※25歳以下の方は、U25割月額900円 (税抜)でご利用いただけます!

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ