ドラゴンズの春季キャンプは中盤を迎え、13日には初の対外試合となる韓国・KIAタイガース戦が行われ、10-0と投打がかみ合ったドラゴンズが勝利した。

その中で最もインパクトを与えたのが、新助っ人のダヤン・ビシエドだ。4番・DHで先発出場したビシエドは、本塁打を含む2安打2打点の大活躍。日本でのデビュー戦を華々しく飾った。

◆挨拶代わりの一発。四球を選んだ打席も高評価

東シナ海から吹き付ける逆風をものともせず、打球はレフトスタンドへ突き刺さった。誰もが注目した初陣で、文字通りの一発回答。4番はオレに任せろ――。そう主張しているようで、頼もしく思えた。

“来日初アーチ”を放ったのは第2打席。この回の先頭打者で打席に立ったビシエドは、ファールと空振りであっという間に追い込まれてしまう。

ただ、2球目の空振りは変化球に対し、合わせにいかずフルスイング。自分のタイミングで振りにいったことが伏線となり、次の甘く入ったボールを捉えられたのだろう。

谷繁元信監督をはじめ、ベース1周を出迎えたチームメートは皆、笑顔を見せていた。そして、打ったビシエド本人が誰よりも破顔一笑。ここ数日はお疲れ気味という報道もあった中、疲れも吹き飛んだのではないか。雰囲気を一変できる「1発の魅力」をいきなり見せつけられた格好だ。

また、本塁打の前の打席では四球を選んでいる。初回2死三塁の好機で打席に立つと、フルカウントから低めの変化球をしっかり見送った。

シーズンでも同様の攻めが想定される中、がっつくことなく我慢ができることを証明。これを続けられれば、ある程度の打率は残せるだろう。

お知らせ

プロ野球キャンプをJ SPORTSオンデマンドでLIVE配信
≪≪広島1次キャンプ、中日、オリックス、楽天≫≫
「セ・リーグ ファンミーティング2016」もご視聴いただけます。

●キャンプパック:月額1,800円 (税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円 (税抜)でご利用いただけます!
こちらのWEBサイトの配信予定から番組を選んでキャンプパックを購入してください。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ