演技後のキス&クライを見ているとき、「このコーチ、よく見るな……」と思うことはありませんか。
今の時代、選手たちはワールドワイドに拠点を移動して、さまざまな技術を新たに磨いていきます。しかし、それでも何となく感じるのが「国」のカラーです。
それぞれの国の傾向とはどういうものなのか、そして今活躍目覚ましいチームの技術のアドバンテージはどこにあるのか。若松詩子先生に、見方の深まる“ツボ”を教えていただきました。

氷に吸い付くスケーティング指導と
明るいチャレンジ精神を注入

カナダの選手は明るくて迫力があり、元気をくれるようなスケーターが多いですね。総じてユニゾンが良く、元々リフトが上手な印象がありましたが、最近は総じて良くなっています。プログラム構成が上手で、取りこぼしが少なく感じます。

その中で、モントリオールのリチャード(・ゴーチエコーチ)のチームがすごく活躍しています。私も現役の時に習っていた先生です。昨季世界チャンピオンとなったデュハメル/ラドフォード組(カナダ選手権5連覇)は、ベテランの年になっても向上心があり、4回転にもトライ。ユニゾンの質の良さも上がってきています。彼らはコーチに、表現力の方でももっと頑張らないと本当のトップにはたどり着かないと言われたそうです。コーチにも強い向上心があって、相乗効果で前へ進んでいく部分もあるのでしょう。

今は多くのチームがそうなっていますが、リチャードのチームも振付のジュリー(・マルコット)やスケーティング指導のシルヴィ(Sylvie Fullum)といったアイスダンス出身のコーチがいて、いろいろな目で見て指導をしています。シルヴィは私に、ユニゾンを持ちながら、きれいにだけではなく力強さも出すスケーティングを教えてくれました。指導は厳しかったですが、ペアだけでなくシングルにも通じるような、氷に吸い付くようなスケーティングの技術です。他にもいろいろな専門の先生がいて、リチャードやブルーノ(・マルコットコーチ、デュハメル選手の夫でもある)が総合的に見ているのでしょう。ルールや採点傾向にも敏感で、いろいろなスペシャリストに聞いたりしながら情報をアップデートしています。こういうところも生徒にはありがたいですね。

ジュリーの振付は、モントリオール以外の選手にも人気になってきました。彼女はエネルギッシュで、いつも元気をくれる先生。音楽の盛り上がるところにリフトを合わせたり小さなリフト(ダンスリフト)もアクセントで入れたり、ダイナミックさを出して緩急をつけるのが上手です。また、「理想的なスケートはこれ」と押し付けず、選曲も選手の意見を取り入れ、個々のペアらしさやパーソナリティを大切にします。

ペアに転向したての選手の活躍も目立ちます。自分のことを思い返しても、やはり周りに良い選手がいる環境というのは、ビジュアルで感じ取ることが多く「私にもできるかも」と思えるのが大きいです。それだけではなく、最初は陸上でリフトなどの練習をしますが、少しやって形になってきたらリチャードが「OK、じゃあリンクでやってみよう」と(その流れが)結構早いんです(笑)。驚きはするけど、スタッフがきちんとしているので安心感を持ってトライできます。技術の細かい指導をしっかりしているから、新しく始める選手も入りやすいのですね。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドで全国高等学校フィギュアスケート競技選手権を先行配信!◆
男女フリーを全滑走配信します!

男子フリー: 2月17日(水)午後7:00〜 » 配信ページはこちら
女子フリー: 2月17日(水)午後9:00〜 » 配信ページはこちら

■ ウインタースポーツパック :月額1,800円 (税抜)
25歳以下の方は、U25割月額900円 (税抜)でご利用いただけます! » 詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ