大型補強をしたにもかかわらず、優勝争いに一度も絡まない大低迷。そんなことはもう過去の出来事だ。

2016年のバファローズは前を向き、虎視眈々と上位進出、そして20年ぶりのリーグ制覇を狙う(選手の登録ポジションは1月29日現在のデータ。図中の黄色で塗られた選手は新加入)。

◆4本柱が万全の先発陣、新顔との融合が楽しみなブルペン陣

先発陣を見ると、エース・金子千尋をはじめ、西勇輝、東明大貴、ブランドン・ディクソンの4本柱は1年間ローテーションを守ってほしいところ。特に金子はコンディションに注意を払いながら、リーグMVPを獲得した一昨年のような投球を見せたい。

5番手以降には松葉貴大、山崎福也の両サウスポーに加え、右では吉田一将や近藤一樹が名を連ねそう。昨季終盤に先発を経験した山田修義、支配下復帰を果たした佐藤峻一にも出番が訪れるはずだ。

救援陣は今季も佐藤達也、平野佳寿、岸田護を中心に回るか。この3名をはじめ、海田智行や塚原頌平、白仁田寛和といった昨季の苦しい時期を支えた投手たちが、ブルペンワークに絡むだろう。

新外国人のエリック・コーディエはクローザー候補に挙げられ、ドラフト2位ルーキー・近藤大亮もリリーフ向きだ。また、昨年の甲子園を沸かせた佐藤世那は、順調にいけば高卒1年目での一軍デビューが十分にあり得る。

◆伊藤選手会長を筆頭に激化する正捕手争い

正捕手として名前が真っ先に挙がるのは、選手会長を務める伊藤光で間違いない。ただ昨季はリード面で精彩を欠くなど、2軍落ちを経験。先発マスクで出場したのはシーズン全体の半数(72試合)にとどまった。

比例して出場機会を伸ばしたのがベテラン・山崎勝己。打力は劣るも、熟練のインサイドワークで投手陣の信頼を集める。

この2名に加え、パンチ力に長けた伏見寅威、昨季終盤にハツラツとした動きを見せた若月健矢も正妻争いに参戦。高いレベルで切磋琢磨してもらいたい。

お知らせ

プロ野球キャンプをJ SPORTSオンデマンドでLIVE配信
≪≪広島1次キャンプ、オリックス、楽天≫≫
「セ・リーグ ファンミーティング2016」もご視聴いただけます。

●キャンプパック:月額1,800円 (税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円 (税抜)でご利用いただけます!
こちらのWEBサイトの配信予定から番組を選んでキャンプパックを購入してください。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ