冬の移籍、駆け込み移籍を楽しむ5つのポイント

人の噂も七十五日。移籍の噂は三十一日。冬の移籍マーケットが開いた1月2日から、1カ月にわたって現地メディアのメインコンテンツだった「移籍の噂」も、2月1日にはすべて真偽のほどが明らかになる。今冬の移籍期限は1日(月)の現地時間23時。日本時間でいえば2日(火)の朝8時だ。それまであと3日とちょっと。ここでは少しだけ“駆け込み移籍”の予習をしておこう。

■ パトがチェルシーへ。ヴァルディも諦めない?
FW不足のチェルシーは、元ミランのアレシャンドレ・パトと契約間近。すでにロンドン入りしており、正式発表もすぐか。
だが、いまだ13位のクラブはさらなるビッグディールを狙っている。サプライズ候補はヒディンク監督と旧知のロビン・ファンペルシー(フェネルバフチェ)。また、ジェイミー・ヴァルディ(レスター)強奪も諦めていない様子。こちらは「金銭+ロイク・レミでオファー」という報道が。
ちなみに、謎のアメリカ人DFマット・ミアザ(NYレッドブルズ)を獲得間近というニュースとともに、出場機会が減少気味のギャリー・ケイヒルがユーロ2016のために移籍を志願した…なんて不穏な噂や、ガンバ大阪のU18日本代表MF堂安律に興味というちょっと嬉しい報道も。

■ 首位レスターの決断はいかに
首位にいるのだから当然だが、ヴァルディもリヤド・マフレズもカスパー・シュマイケルも「Not for Sale」が基本線。だが、いま最も高値が付いている彼らを、レスターが売り時と判断する可能性もある。もしヴァルディ売却を決めた場合、チェルシーのトレード要員であるレミだけでなく、CSKAモスクワのアーメド・ムサも狙うだろう。だが、かつて吉田麻也、本田圭佑と同僚だったナイジェリア代表FWは1900万ポンドで、レスターの評価額1500万ポンドとは開きがある。その他の候補は、グラツィアーノ・ペッレ(サウサンプトン)、エデル(サンプドリア)などなど。

お知らせ

J SPORTSオンデマンド

◆ J SPORTSオンデマンドサッカーパックは
サッカーコンテンツ盛りだくさんで月額1800円!
・プレミアリーグ全試合
・ブンデスリーガ毎節4試合
・デイリーサッカーニュースFoot!
【会員無料動画】Un Poco Foot! 月曜日〜水曜日
詳しくはこちら »

サッカーパック :月額1,800円 (税抜)
※25歳以下の方は、U25割月額900円 (税抜)でご利用いただけます!

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ