首位攻防戦のカギは岡崎 プレスでシティを潰せるか?

第25節のマンチェスター・シティ戦がリーグ優勝を左右するビッグファイトになると、レスターの関係者はシーズン前に予想していただろうか。終盤を迎えてもハードワークを続け、クラウディオ・ラニエリ監督率いるチームは2位シティに3ポイント差の首位。ちなみに過去11シーズンのプレミアリーグでは、2月1日時点で首位に立っていたチームが必ず優勝している。データはレスターに傾いた。

しかし、ラニエリ監督は記者会見において、「優勝?われわれではないよ」とドラマを期待するメディアを軽くいなした。「残りは13試合もある。まだ騒ぎなさんなって」といったところか。したがって、レスターは首位攻防戦であっても、特別なプランを用意することはないだろう。ハイプレスでは4−4−2、自陣に引いた場合は4−4−1−1。ふたつのフォーメーションを使い分けるに違いない。

さて、ポイントは岡崎慎司が握っている。シティはポゼッションを好むものの、後方から丁寧に組み立てていくタイプではない。GKジョー・ハートのキックは精度を増しているが、攻撃の起点にはなりえず、DFラインから絶妙のフィード、というシーンも決して多くない。岡崎がプレスをかければミスの誘発は可能で、高い位置からショートカウンター炸裂!

お知らせ

J SPORTSオンデマンド

◆ J SPORTSオンデマンドサッカーパックは
サッカーコンテンツ盛りだくさんで月額1800円!
・プレミアリーグ全試合
・ブンデスリーガ毎節4試合
・デイリーサッカーニュースFoot!
【会員無料動画】Un Poco Foot! 月曜日〜水曜日
詳しくはこちら »

サッカーパック :月額1,800円 (税抜)
※25歳以下の方は、U25割月額900円 (税抜)でご利用いただけます!

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ