“フライング”シティ 新体制発表の時期を誤った!?

2016-17シーズン、ジョゼップ・グアルディオラはマンチェスター・シティの監督に就任する。2月1日、クラブの公式サイトでも発表された。マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーとたびたびリンクされ、1シーズン休んだ後にアーセナルへ、という情報も飛びはしたが、最後は落ち着くところに落ち着いた。やはり、バルセロナ在籍時に苦楽をともにしたチキ・ベギリスタイン、フアン・ソリアーノが要職に就くシティこそが、最も働きやすい場所なのだろう。

クラブのステイタス、ブランドイメージでは、ユナイテッドがシティを上まわっている。しかし、充実した設備と人的資源、近年の市場でも顕著になった外交手腕の差が、決定打になったのではないだろうか。エド・ウッドワード副会長が実権を握った後のユナイテッドは、まともな補強ができていない。いま、ユナイテッドが誇れるものはタイトル数と歴史……。すなわち過去の産物だ。

それにしても、プレミアリーグの優勝争いが佳境を迎えようとしているこの時期に、来シーズンの人事を早々に発表したのだろうか。「必要以上の混乱を招かないための措置」。シティは公式サイトを通じて説明した。一か月ほど前、「来シーズンはプレミアリーグのクラブを指揮しているだろう」と口を滑らせたグアルディオラの“フライング”も、早すぎる公表の一因かもしれない。善後策としては間違っていない。

お知らせ

J SPORTSオンデマンド

◆ J SPORTSオンデマンドサッカーパックは
サッカーコンテンツ盛りだくさんで月額1800円!
・プレミアリーグ全試合
・ブンデスリーガ毎節4試合
・デイリーサッカーニュースFoot!
【会員無料動画】Un Poco Foot! 月曜日〜水曜日
詳しくはこちら »

サッカーパック :月額1,800円 (税抜)
※25歳以下の方は、U25割月額900円 (税抜)でご利用いただけます!

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ