男子シングル

腰痛で欠場するジェイソン・ブラウン、練習中のジャンプ転倒での脳震盪後氷上復帰を目指しているジョシュア・ファリス、椎間板ヘルニアで欠場するリチャード・ドーンブッシュ、今シーズンを休養に充てるジェレミー・アボット。男子は、4人の全米メダル獲得経験者が不在であることには寂しさを感じる。しかしこの顔ぶれが姿を見せずとも、アメリカの男子は強くて上手い選手が揃っている。新たな輝きが生まれる瞬間を今年の全米でも見られることだろう。

マックス・アーロンは、昨シーズンの国別対抗戦の前に作ったフィリップ・ミルズ振付の2つのプログラムに磨きをかけた。SP(ショートプログラム)オペラ(『トゥーランドット』より)『誰も寝てはならぬ』では叶わぬ恋をする若い男性を、FS(フリースケーティング)『白鳥の湖』(映画『ブラックスワン』より)では、白鳥オディールに変装した黒鳥オデットに恋をする王子ジークフリートを演じる。表現で新たな一面を見せるだけでなく、コントロールされた軸の美しいジャンプを降りるようになり、高い技術点を稼げるようにもなった。今シーズンISUグランプリシリーズ(スケートアメリカ)で初優勝し好調のアーロン。3年ぶりに全米選手権の表彰台の頂点に立つ可能性は大いにある。

アダム・リッポン

[写真]アダム・リッポン選手

アダム・リッポンはグランプリシリーズ・ロステレコム杯からFS『ビートルズメドレー』の3曲目『Yesterday』を「どうしても自分の好きなこの曲で滑りたい」と『Blackbird』に変更した。苦しみの中でも希望を失わない、その歌詞に入り込めると言う。それが功を奏したのか、演技に一貫性が生まれて観る側が楽しめるプログラムへと変化した。昨シーズンから構成している4ルッツは未だクリーンな着氷を見せていないが、ジャンプの質の高さで勝負できるスケーターである。

ロス・マイナーは過去2シーズン全米選手権の表彰台を逃しているが、全米初出場から3年連続でメダルを獲得した実力者である。今シーズン、ロステレコム杯ではグランプリシリーズで3シーズンぶりのメダルを手にした。FSではリッポンのSPと同じ『Who Wants to Live Forever』を使用しており、リッポンとのクイーン対決に注目が集まる。練習を積むボストンで開催される世界選手権出場に向け、3年ぶりの代表入りを狙う。

昨年12月のISUジュニアグランプリファイナルの優勝者で、負けなしのシーズンを送っているネイサン・チェンも優勝候補の1人である。昨シーズンから身長が8cmも伸び、可愛らしいジュニアスケーターというイメージから脱却した。ジュニアグランプリファイナルのFSでは4度の4回転ジャンプ(4トゥループと4サルコウを2回ずつ)を予定していたこともあり、技術点でシニアの選手たちとの差をどれだけ詰められるか楽しみである。

アレクサンダー・ジョンソンは昨年12月のISUチャレンジャーシリーズ・ゴールデンスピンからFSを『Eleanor Rigby(by The Beatles)』に戻した。これは2013年全米選手権で彼を7位に導き、その名前を世界に知らしめた代表的なプログラムである。ジャンプだけではなく、物悲しい旋律に合わせた表情や上体の細やかな動きも見どころである。

5シーズンぶりにグランプリシリーズに出場し、2大会(中国杯・NHK杯)で4位の好成績を収めたグラント・ホックスタイン。シニア参戦当初は3アクセルの成功率が思わしくなかったが、今では質のいいジャンプをコンスタントに降りられるようになった。努力し続けることの大切さを体現している25歳のベテランが、今年の全米選手権では何を見せてくれるだろうか。

2009年世界ジュニア選手権で5位に入ったカレン・オイは、大学進学により競技の一線から遠ざかっていた。しかし昨シーズンのイースタンセクショナル選手権7位から今シーズンは4位と順位を上げ(各セクショナル上位4名が全米選手権に進出する)、7シーズンぶりに全米に帰ってくる。長らくその滑りを堪能させてくれたダグラス・ラザーノやスティーブン・キャリエールが競技の舞台から去る一方、こうしてリンクに戻ってくるスケーターがいる。全米選手権は、単に世界選手権の代表選考というだけではなく、アメリカのスケーターの生き様を見られる場でもあるのだ。

お知らせ

JSPORTSオンデマンド ウィンターパック

◆ 全米フィギュアスケート選手権 ◆
J SPORTSオンデマンドで全種目、全滑走LIVE配信

◆ カナダフィギュアスケート選手権 ◆
J SPORTSオンデマンドで全種目配信

■ ウインタースポーツパック :月額1,800円 (税抜)
25歳以下の方は、U25割月額900円 (税抜)でご利用いただけます! » 詳しくはこちら

» 放送・配信予定はこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ