13日の初戦・北朝鮮戦を1−0の辛勝ながら白星発進し、6大会連続五輪出場へまずまずの出足を見せていたU−23日本代表。手倉森誠監督率いる彼らが16日、1次ラウンド第2戦のタイ戦に挑み、先発6人入れ替えという大胆なメンバーながら相手に格の違いを見せつけて4−0で圧勝。2試合終了時点で早々と8強入りを決めた。

この日の手倉森ジャパンは北朝鮮戦で決勝点を叩き出した植田直通(鹿島)を筆頭に久保裕也(ヤングボーイズ)、大島僚太(川崎)ら6人を控えに回し、奈良竜樹(川崎)や浅野拓磨(広島)、原川力(川崎)らをスタメンに抜擢。序盤こそタイの個人技に翻弄されたものの、徐々に中盤が落ち着く、主導権を握れるようになった。そして前半27分、キャプテン・遠藤航(浦和)のワンタッチパスを受けた鈴木武蔵(新潟)が相手を振り切って右足でゴール。巧みに先制点を手に入れる。指揮官は後半開始と同時にその鈴木とオナイウ阿道(千葉)を交代。入ったばかりのオナイウがいい形で攻撃に絡み、後半4分に2点目を奪う。原川の左クロスをヘッドで合わせたのは矢島慎也(岡山)。この日チャンスメークでチームに貢献していた彼の2点目で試合の行方がほぼ決まったと言える。

その後、手倉森監督は初戦で得点のなかった久保裕也(ヤングボーイズ)と南野拓実(ザルツブルク)を次々とピッチに送り出す。FW陣に得点を取ってもらってチームに弾みをつけたいという思いからだろう。この期待に応えるように、久保が2点を追加する。1点目は後半30分、相手ボールをインターセプトした岩波拓也(神戸)の攻め上がりが発端だった。スルーパスに反応した彼は見事なプル・アウェイの動きでGKと1対1になり、右足シュート。これはややコースが甘かったが、手に当たってそのままネットを揺らす。そして2点目は後半39分、彼自身が奪ったPKをそのまま冷静に押し込む形だった。

「結構スペースが空いていたので裏を取ってやろうと思っていた」と久保はコメントしていたが、狙い通りのプレーからゴールラッシュを演じてみせた。約3年前の2012年AFC・U−19選手権(UAE)ではエースである久保が絶不調に陥り、精彩を欠いたことでチームも沈んでしまった。その時とは違った逞しさと鋭さを示したのは、本人にとっても自信になるだろう。やはりリオデジャネイロ五輪世代屈指の点取屋である久保に勢いが出てこないとチームも盛り上がらない。そういう意味では前向きな方向に進んでいると考えていい。

お知らせ

J SPORTSオンデマンド 15/16 イングランド プレミアリーグ キャンペーン 第2弾

◆ 『J SPORTSオンデマンド』 限定 ◆
15/16 イングランド プレミアリーグ キャンペーン 第2弾

J SPORTSオンデマンド無料会員限定動画を視聴して、マンチェスター・シティ 観戦ツアーを当てよう!
キャンペーン詳細はこちら »

サッカーパック :月額1,800円 (税抜)
※25歳以下の方は、U25割で月額900円 (税抜)でご利用いただけます! 詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ