6大会連続五輪出場を目指し、2016年リオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたAFC・U−23選手権(カタール)に挑んでいる手倉森誠監督率いるU−23日本代表。その命運を大きく左右する初戦・北朝鮮戦が13日に行われ、日本は開始5分の植田直通(鹿島)のゴールを最後まで守り抜き、1−0で勝利。1次ラウンド突破へ大きな一歩を踏み出した。

昨夏の東アジアカップ(武漢)でA代表がパワープレーから逆転負けを喫している通り、北朝鮮というのはフィジカルを前面に押し出してくるチーム。シンプルにロングボールを蹴りこみ、前線の長身FWに当ててサイドに展開し、再び中央を突くといったスタイルを得意としている。この日もその戦い方を徹底して日本を混乱に陥れた。

この結果、日本は前半終了間際と後半立ち上がりの時間帯以外はほとんど相手に主導権を握られる形となった。植田と岩波拓也(神戸)という長身センターバックとボランチ・遠藤航(湘南)の奮闘で何とかボールを跳ね返し続けたが、とにかく前線にボールが収まらない。ターゲットマンになるべき鈴木武蔵(新潟)は思うようにポスト役をこなせず、頼みの久保裕也(ヤングボーイズ)は決定的なシュートをポストに当ててしまう。南野拓実(ザルツブルク)と中島翔哉(FC東京)もボールを持つ時間が少なすぎて、仕事らしい仕事ができない。攻撃陣からは消化不良感が色濃く感じられた。

そんな中でも何とか1−0で勝ち切れたのは、守備のオーガナイズが崩れなかったからだろう。ベガルタ仙台時代から強固な守備組織を構築するのに定評があった手倉森監督だけに、今回のU−23日本代表もここまで失点が極めて少なかった。こういう大会の1次ラウンドは失点しなければ最低でも勝ち点1は取れる。そういう意味でも指揮官のチームマネージメントは理に適っているというわけだ。サイドの室屋成(明治大)と山中亮輔(柏)のところは少し危ない場面も見られただけに、問題点を修正し、より鉄壁な守りを形成していくことが重要だ。

ただ、それ以上に改善が求められるのが攻撃である。「自分たちがボールを握ることができるようにしたい」と手倉森監督が発言した通り、北朝鮮戦の日本はボール支配時間があまりにも少なすぎた。相手に簡単にボールを渡してしまうため、守りに回らざるを得ない。そうなると、チーム全体の体力消耗は計り知れない。こういう試合が続けば続くほど、中2日ペースの今大会ではダメージが終盤に来てしまう。

お知らせ

J SPORTSオンデマンド 15/16 イングランド プレミアリーグ キャンペーン 第2弾

◆ 『J SPORTSオンデマンド』 限定 ◆
15/16 イングランド プレミアリーグ キャンペーン 第2弾

J SPORTSオンデマンド無料会員限定動画を視聴して、マンチェスター・シティ 観戦ツアーを当てよう!
キャンペーン詳細はこちら »

サッカーパック :月額1,800円 (税抜)
※25歳以下の方は、U25割で月額900円 (税抜)でご利用いただけます! 詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ