過渡期を迎えたチェルシーは いくつかの固定概念を破壊すべきだ

『テレグラフ』で健筆をふるうジェイソン・バート記者が、「ペップ・グアルディオラはプレミアリーグの監督職を希望している」と報じた。ゴシップ好きのタブロイド紙ではなく、英国有力紙の情報だ。それなりの信ぴょう性を伴った記事、と考えていいだろう。今シーズンをもってバイエルン・ミュンヘンを退任する名将が、新たなチャレンジを求める公算が大きくなってきた。

一か月ほど前、マンチェスター・シティのマヌエル・ペレグリーニ監督が次のように発言している。

「いずれペップはやって来る」

現職のコメントは真実味を帯び、数年前から報道されていたグアルディオラ監督とシティ上層部の良好な関係が、ついに実を結ぶとの見方は非常に多い。ドイツの『スカイスポーツ』も、「来シーズンのシティはペップ体制」と報じている。

ただ、グアルディオラ監督を欲するクラブは少なくない。とくに、再建を目指すマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーはあらゆる手段を講じてペップ側との接触を図っている。世界有数の指導者を招聘するためなら、大きな犠牲もいとわない覚悟のようだ。

お知らせ

J SPORTSオンデマンド 15/16 イングランド プレミアリーグ キャンペーン 第2弾

◆ 『J SPORTSオンデマンド』 限定 ◆
15/16 イングランド プレミアリーグ キャンペーン 第2弾

J SPORTSオンデマンド無料会員限定動画を視聴して、マンチェスター・シティ 観戦ツアーを当てよう!
キャンペーン詳細はこちら »

J SPORTSオンデマンドサッカーパックは
サッカーコンテンツ盛りだくさんで月額1800円!
・プレミアリーグ全試合
・ブンデスリーガ毎節4試合
・デイリーサッカーニュースFoot!
【会員無料動画】Un Poco Foot! 月曜日〜水曜日
サッカーパック :月額1,800円 (税抜)
※25歳以下の方は、U25割で月額900円 (税抜)でご利用いただけます!
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ