両サイドに活路を見出したが ユナイテッドの攻撃は問題山積

昨シーズンはダブルを喫し、今シーズンも4節のアウェーゲームで1−2の敗戦。ルイ・ファンハール体制発足後、一度も勝っていない。マンチェスター・ユナイテッドにとって、スウォンジーは天敵といって差し支えない相手だ。ギャリー・モンク監督解任後、後任が見当たらず、降格圏をさまよっているとはいえ、チームの基本プランはしっかりとしている。ましてユナイテッドは、この一戦を迎えるまで公式戦は4分4敗。ファンハール解任が現実味を帯びてきた。

立ち上がり30秒でアンデル・エレーラがシュートを放ったものの、15分あたりからいつものユナイテッドに戻っていった。ゴールに対する意欲が感じられず、ビルドアップする際のボールロストも少なくはない。訓練された攻→守の切り替えによって失点のリスクこそ抑えられていたが、やはり“フットボールの醍醐味”をどこかに置き忘れたかのようなパフォーマンスだ。

ただし、“縦”を意識していたのではないだろうか。バスティアン・シュバインシュタイガーは通常より高い位置でプレーし、モルガン・シュナイダルランも安全運転のつなぎではなく、多くの縦パスを配していた。

お知らせ

J SPORTSオンデマンド 15/16 イングランド プレミアリーグ キャンペーン 第2弾

◆ 『J SPORTSオンデマンド』 限定 ◆
15/16 イングランド プレミアリーグ キャンペーン 第2弾

J SPORTSオンデマンド無料会員限定動画を視聴して、マンチェスター・シティ 観戦ツアーを当てよう!
キャンペーン詳細はこちら »

J SPORTSオンデマンドサッカーパックは
サッカーコンテンツ盛りだくさんで月額1800円!
・プレミアリーグ全試合
・ブンデスリーガ毎節4試合
・デイリーサッカーニュースFoot!
【会員無料動画】Un Poco Foot! 月曜日〜水曜日
サッカーパック :月額1,800円 (税抜)
※25歳以下の方は、U25割で月額900円 (税抜)でご利用いただけます!
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ