宮原知子選手 2015年11月8日 @関西大学アイスアリーナ

[写真]宮原知子選手 2015年11月8日 @関西大学アイスアリーナ

14−15シーズン、全日本選手権を制し、シニア移行して初めての世界選手権で見事銀メダル。
15−16シーズンも素晴らしいスタートを切り出場試合全てで表彰台。
グランプリシリーズ開幕戦のスケートアメリカでもメダルを胸に輝かせた後の11月8日、既にNHK杯へと向かって練習に取り組まれていた貴重な時間を割いて、宮原知子選手がインタビューに応じて下さいました。

終始柔らかく湛えられた宮原選手の微笑みを思い浮かべながらお読み頂ければと思います。

インタビュー(「PP」):Pigeon Post ピジョンポスト 宇佐見咲子

PP:まず、スケートアメリカの表彰台おめでとうございます。

宮原:ありがとうございます。

PP:USインターナショナルクラッシック、ジャパンオープン、スケートアメリカと、シーズン序盤から素晴らしい演技で完成度が凄く高かったです。どのような思いで今シーズンを迎えられていますか?

宮原:毎年同じように、毎回の試合をきっちり、自分の出来ることをこなすようにトライしています。

PP:今シーズンのショートプログラム(以下SP)『Firedance』の選曲の経緯をお聞かせ下さい。

宮原:先にフリースケーティング(以下FS)の『ため息』を決めて、それからSPを作ることになったので、FSとは全く違う種類の曲にしたいということで、この曲を選びました。

PP:『Firedance』というのはスパニッシュギターのフラメンコですが、ケルト音楽の『リバーダンス』の中の1曲となっていますね。調べたところ、昔、ケルトの王国はスペインの方にまで広がっていてそこからフラメンコが生まれたという説があるそうで。「いろんな文化が繋がっている」というイメージがある曲を日本人の宮原選手が滑られるということに深い意味を感じるのですが、振付のトム・ディクソンさんから何か「こういう風に滑って欲しい」というような願いはありましたか?

宮原:キビキビしているけど明るい曲なので、「笑顔が絶対必要」と言われて、あとは、メリハリとか、強い感情とか、燃えるような情熱みたいなものも必要だと言われました。

PP:凄く情熱を感じるプログラムで。宮原選手は静かに情熱を燃やされるタイプですよね。

宮原:そう……ですね(恥ずかしそうな微笑み)。

PP:それをここでは爆発させるように表現されてると思うのですけども、ご自身で演じられていて、ステップなど細かいニュアンスで感情を表現される時に高揚感はありますか?

宮原:ステップはSPの中でもとても好きな部分なので、ステップを踏んでいて凄く楽しいです。

PP:「観(見)る者全員虜にしてやる!」という表情もありますね。『ポエタ』(13−14シーズンのFS)も素晴らしかったです。フラメンコ、凄くお似合いだと思います。改めて、このプログラムを宮原選手からご紹介頂いて宜しいですか?

宮原:SPは、強い曲で、強い女性を表現出来ればと思っています。今まであまり滑ったことのないような種類なので、「こういうジャンルも自分は出来ます」というのを、観ている方に伝えたいと思っています。

お知らせ

◆J SPORTSオンデマンド「総合パック」では
KENJIの部屋を配信中!

■総合パック:月額2,400円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の1,200円(税抜)
ご加入はこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ