常勝時代の表現の一つに”勝ち方を知っている”があった。選手もよく口にした”勝ち方”、この言葉には大変深い意味があると思う。

野球のプレーの大半はサインだ。サインを忠実にこなす事ができるのも”勝ち方”の一つ。しかし、サインで伝えられることには限界がある。例えば、ノーアウト1塁、送りバント。1アウト2塁を作る。これは誰もがわかる事。

サインを受け取った選手は頭の中で情報を整理する。1塁ランナーの足の速さ。ファースト、サードの守備力、投手のフィールディングの良し悪し、変化球の種類など挙げればきりがない。そして当然これはサインでは伝えられない。

選手は自分で考え、一番成功する方法を導き出す。守りも然り。一つのアウトを獲るためにフィールド上の選手は常に頭の中であらゆるケースを想定する。

大島洋平はこう言った。「一つのアウトを当たり前に獲る。できて当然なんですが、それが足らない。ミスから、失投から、つながれて失点。状況に応じて考える力が欠けていた。今年は失点の仕方が悪い。やらなくてもいい点を与えてしまった感は強いです」。

野球はミスのスポーツ。1シーズン戦えば、どんなチームにも必ずミスは生まれる。同時に偶然も生まれる。だからこれをゼロにする事はできない。しかし減らす事はできる。

谷繁監督は試合後の会見の終わり際、ほぼこの言葉を口にした。「また明日、しっかり準備して戦います」。決まり文句にも聞こえるがこの”準備”にこそ勝ち方が隠れている。

常勝期、左打者キラーでも活躍した小林正人さん(現・中日ドラゴンズ広報)はこう話した。「あの時は、ブルペンで準備をしていても、セットアッパー陣が自分たちで試合展開を読むんです。この展開なら自分は行く可能性があるなとか、ないなとか。そうやって試合中に自分のスイッチを入れたり切ったりする。試合中にずっと集中してるって事は無理です」。

今シーズンの夏場、1軍を経験したルーキー山本雅士はこう話していた。「正直、いつ肩を作り出したらいいのか、いつ集中したらいいのか、わかりません。手探りでやってました。田島さんに、あるかもしれないから作っとけ!って言われたりしてやってました」。

自分がマウンドに行くタイミングに一番の集中力、肩の状態を合わせるのがセットアッパー、そうやってパフォーマンスを発揮する。だからこそ、プレーボールから集中しっぱなしとは行かない。一度集中のスイッチを切る。しかし、若い投手はスイッチがずっとオンということもよくある。

お知らせ

【侍ジャパン出場!】
2015 WBSC U-18ベースボールワールドカップ、J SPORTSオンデマンドで日本戦を中心に決勝まで33試合配信

■総合パック:月額2,400円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割で月額1,200円(税抜)でご利用いただけます!

★ご加入はこちらから

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ