2年前。その進路の選択に誰もが注目した大学ナンバーワンボランチは、甲斐の国へ息衝くプロヴィンチアに自らの仕事場を求める。迎えた今シーズン。雌伏の序盤戦を経て、監督交替を機にその男は居場所を確保し、チームのためにその左足を振るい続ける覚悟を決めた。下田北斗。23歳。プロとは何かという答えを見付けつつあるレフティが語るPre-match Words。

Q:セカンドステージも終盤戦に差し掛かっていますが、ここまでのチームのパフォーマンスをどのように捉えてらっしゃいますか?

A:チーム全体としては監督も交替してしまったりして、なかなか思うようなシーズンではないのかなと思っています。

Q:個人のパフォーマンスとしてはいかがですか?

A:自分自身も最初の方はずっと試合に出られていなくて、なかなかもどかしい気持ちがありました。監督が替わって徐々に使ってもらえるようになって、少しずつはできるようになってきたんですけど、また最近少し停滞気味というかあまり良くない所が多いので、あと6試合ここからさらに上がっていければいいなという風に思っています。

Q:序盤戦で監督が替わる前は、おっしゃったようになかなか出場機会がない時期が続いたと思いますが、そういう時はどういうことを一番考えて練習されていましたか?

A:「試合に何となく絡めそうだな」とか「絡めないな」というのは週の半ばぐらいからわかってくるので、もう単純に「この試合は厳しそうだな」という時は自分で負荷を上げたり、ゲームがなかなかできないので自分でコントロールして足りない所を補ったり、少し追い込んだりしてやっていましたし、「チャンスがありそうだな」という時はしっかり試合に向けて準備をするようにしていました。

Q:今年は樋口(靖洋)監督が就任して多少守備のやり方も変わったと思うんですけど、そこで前のシーズンとのサッカーの違いで戸惑った所はありましたか?

A:そうですね。自分たちで考えてプレーできれば良かったですけど、なかなかうまく樋口さんの思ったようなプレーがみんなできなくて、もどかしい面は凄くありましたね。

Q:逆に佐久間監督になってからは飛躍的にご自身の出場時間も伸びたと思いますが、佐久間監督に替わってどういう所が一番変わったと思いますか?

A:チーム全体としては去年まであった、しっかり守備からというベースの戦い方がハッキリしてわかりやすくなったというのが一番大きいのかなと思っています。

Q:下田選手個人としてはいかがですか?

A:普段からやっていることはあまり変わっていないですけど、使ってもらえるようになって少しずつ自信も付きましたし、「信頼してくれているな」というのを感じることができたので、凄く自信を持ってプレーできるようになりました。

Q:逆に自分のやっていることが変わらない中で一気に出場時間が伸びたということで、監督交替後はどこが評価されていると感じていますか?

A:佐久間監督は自分のボールを受けて捌いてという所だったり運動量とか、左足のキックという所を評価してくれていると思うので、そこをしっかり出せるようにというのは常に意識しています。

Q:練習に取り組む姿勢に関して、試合に出続けていることで多少意識が変わってくる部分というのはありましたか?

A:そうですね。やっぱり試合に出てレベルの高い選手と対戦することによって、どのようなプレーが通用するのか、あるいは通用しないのかという所がわかるのは凄く大きいと思いますし、普段から高いレベルを意識してやれるというのは大きいかなと思います。

Q:ファーストステージで佐久間監督が就任してからは、下田選手が出始めた頃と重なりますが、ほとんど負けない時期が続いたと思います。やっぱりあの時期はチームの雰囲気も含めて勝利を予感させるようなものがありましたか?

A:どうですかね。でも、そんなにチーム全体的にも余裕はなかったですし、もう1試合1試合勝利を目指して、しっかり自分たちのやることをやってというのが大きいんじゃないかなと思いました。

Q:そうすると、実際にやっている選手たちも「何でこんなに結果が付いてきているのかな?」という感じでしたか?

A:でも、やることをやればしっかりチャンスはあると思っていましたし、そこまで物凄い差が他のチームとある訳ではなかったと思っていたので、しっかり自分たちの力が出せていたというのは大きいと思います。

Q:ファーストステージで言うと16節の清水戦はJ SPORTSの中継でしたが、あのゲームで記録したアシストは会心のプレーだったんじゃないですか?

A:そうですね。1本目は思い切り良くクロスを上げて、バレーがうまく合わせてくれてというのと、2本目は(伊東)純也の特徴はわかっていますし、相手の後ろのスペースがあったのもわかっていたので、うまくタイミングを合わせてやれたのかなと思います。

Q:セカンドステージの浦和戦でも伊東選手へのアシストがありましたが、あのプレーに関してはいかがですか?

A:自分が前を向いて少し時間がある時に走り出してくれるのでボールを出して、あとは純也がやってくれたという感じですね(笑)

Q:2人のコンビネーションは“天城越え”と呼ばれているらしいですね(笑)

A:ああ、なんかサポーターの方からたまに言われるんですけど。あまりよくわからないです(笑) まあそういう風に言ってもらえるということは嬉しいことです。

Q:やっぱり伊東選手とのコンビネーションに関しては、やりやすさがありますか?

A:そうですね。やっぱり良いタイミングで走ってくれますし、たぶん自分のことを信じてくれているというか、信頼してくれているというのもあると思いますし、自分も信頼して見るようにしているので、そこは大事にしています。

Q:ポジション的にボランチは攻守のバランスを高いレベルで問われると思いますが、そのバランスはどういう風に考えてらっしゃいますか?

A:甲府は守備から入るチームなので、まずは失点しないことを常に考えていますし、まずはディフェンスのバランスを崩さないようにというのをしっかり意識してやっていますね。その中で相手が焦れてきたり、自分たちが先制点を取れたりすると、少しずつスペースが空いてくると思うので、そういう時に前へ飛び出していけるようにとは思っています。

Q:どちらかと言うとある程度守備の事を考えながら、ただご自身のプレー的にも攻撃をしたい選手だと思うんですけど、そのへんの葛藤は結構ありますか?

A:そうですね。なかなか今まで高校とか大学とかずっと攻めてきた感じなので、少し自分の中でギャップというのはありましたけど、今はそんなにないので大丈夫ですよ。

Q:そうなると意識も含めて自分の守備力が上がってきたなというような感覚はありますか?

A:いや、そんなにはないですね。自分の所で奪い切るというシーンもなかなか少ないですし、まだうまく相手のスペースを消せている時はという段階だと思うので、もう少し個と個で奪いに行けて、そこで奪い取って攻撃に行ければなと思っていますけど、まだまだ足りないと思っています。

Q:逆に攻撃面では「J1でもある程度自分のプレーが通用するな」という手応えはありますか?

A:チームがうまく行っている時は「ある程度力を出せるな」というのはあるんですけど、チームが苦しい状況の中でも違いを出せるというか、自分の所で踏ん張れたり1個タメを創れたりという所はまだまだできていないと思うので、そういった選手になれればなと思っています。

Q:セカンドステージも含めてこれだけずっと試合に出続けている中で、チームの中心選手としての自覚というのはだいぶ出てきていますか?

A:そうですね。試合に出させてもらっている以上、責任はあると思いますし、自分自身もしっかりそういうのは自覚してやっているつもりなんですけど、まだまだベテランの方というか、先輩たちに頼ることが多いですし、まだまだですね。

Q:周囲に本当に大ベテランと呼ばれるような方がいっぱいいらっしゃって、そういう所でチームの雰囲気が落ち着いたりする所はありますか?

A:間違いないですね。もう経験が普通の方と違うと思うので(笑)、落ち着いていますし、どんな状況でも慌てないですし、凄くそういう面では自分たちが勝手にモチベーションが高くなり過ぎた所でも落ち着かせてくれたりとか、バウルさん(土屋征夫)は神戸の試合の前になかなかチームが勝てていなくて、円陣の時に俺がちょっと気合いの入った顔をしていたら「いや、笑えよ」と言ってくれて(笑)、ちょっとリラックスさせてくれたりとか、そういうのはありますね。

お知らせ

ヴァンフォーレ甲府 下田北斗選手

◆ 2015 J1 2ndステージ 第12節 ― 毎節1試合を生中継でお届け!
9月26日 (土) 午後2:50〜 サガン鳥栖 vs. ヴァンフォーレ甲府 J SPORTS 4
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る


◆ Jリーグコラム掲載中!!
☆現役選手・監督・解説者に毎節試合前に語ってもらう 『Pre-match Words』
» 土屋雅史コラムを読む
☆毎節試合のプレビュー/レビューコラムをお届け!! » Jリーグコラムを読む

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ