PP:日本ではシングル・ペアそれぞれどなたに教わっていますか?

市橋:シングルは関大で長光歌子先生や本田武史先生、アシスタントコーチの澤田亜紀先生にも教えてもらっていて、ペアは東京の大石行康先生と若松詩子先生に教わっています。

PP:ペアを金土日にされていて、それ以外がシングルですか?月曜日から日曜日まで休みがないということですか?

市橋:ということになりますね。

PP:えー!スケーターの方は、日曜日はオフですよね。

市橋:シングルだけのときは日曜日がオフだったんですけどね。

PP:1週間のスケジュールについてお聞きしましたが、1日の練習は?

市橋:平日のシングルの練習は、学校があるので早くても(午後)5時から遅くても9時過ぎまでです。ペアは1日3〜4時間ぐらいです。

PP:金曜日にもペアの練習をなさっていますが、それは学校が終わってから中京(名古屋)に行かれるのですか?

市橋:金曜日はあまり行けないことも多くて、基本は土日が多いです。

PP:そして、日曜日の練習が終わってからまた名古屋から大阪に戻ってくるんですね。タフですね!

PP:モントリオールの同僚スケーターから受ける刺激はありますか?

市橋:僕は組んで時間が経っていないので、モントリオールの選手たちとはまだレベルが違うんですけど、その分見て勉強できることがたくさんあります。マーヴィン・トラン選手と一緒に練習していて、彼のリフトはすごく上手いんです。タイミングもそうだしスピードもすごくあります。今はそれを見てどのようにしたらいいか勉強中です。他にも、ドリュー・ウォルフ選手はまだペアを初めてそこまで時間が経っていないんですけど、スロールッツを3回転でやっていて、上達が早いんだなって思います。

PP:昨シーズン組み立てなのにペアらしさがありましたもんね!アイスダンスをされていたと聞きますし。ご自分もそういう風になりたいなと思いますか?

市橋:そうですね、誰かに憧れられるような選手になりたいと思います。

PP:シングルで好きな選手・好きな演技について教えてください。

市橋:同じ(長光歌子コーチの)チームで練習していた髙橋大輔選手で、演技は北海道の全日本(2012年札幌市で開催)で踊っていた『道化師』です。始まった瞬間、鳥肌が止まらなくてすごく印象に残っています。

PP:ペアで好きな選手・好きな演技は?

市橋:メーガン(メーガン・デュハメル選手)とエリック(エリック・ラドフォード選手)のスローの4回転を間近で見たことあるんですけど、レベルが違いすぎました(笑)サイドバイサイドジャンプも3ルッツを入れていて、シングルでも2人ともいけるレベルなので、一番目標にしている選手です。印象に残っている演技は、去年のグランプリファイナルのフリーです。何をしているのかが正直全く分からなくて。終わった後もボーっとしちゃって「何をしていたんだろう?」みたいな(笑)

PP:怒涛のエレメンツ構成でしたよね。それを今シーズンはさらに上げようとしていて…すごいですよね。

市橋:びっくりしますよね。尊敬しています。

PP:自分自身を客観的に見てどういうスケーターであると思いますか?

市橋:怪我をしたけどここまで続けてこられたのは、やはり『心からスケートが好き』だなというのが一番あります。自分は楽しみながら練習できているんじゃないかと思います。

PP:辛い練習の中でも何かしらの楽しみを見出していますか?

市橋:調子がすごく悪いときでも調子が悪いなりにできることは他にたくさんあるので、そのときにできることをやろうと心がけています。

PP:スケーターとして目指すものは何ですか?

市橋:もっともっと表現力を磨いていきたいです。手の先まできれいに見えるようにしていきたいと思っています。

PP:表現力を磨くために、何かレッスンを受けていますか?

市橋:ここで週に2回バレエのレッスンを受けています。

PP:バレエは氷上で行う動きと違いますか?

市橋:全然動かし方も違うんですけど、フィギュアよりもバレエの方が細かいので(フィギュアスケートをやる上で)助かってますね。

PP:フィギュアスケートという競技の魅力は何ですか?

市橋:試合本番はリンクに1人になるじゃないですか。それでたくさんのお客さんが選手1人だけを見ている、見てもらっているというのが楽しいです。

PP:緊張よりも楽しい気持ちが勝りますか?

市橋:そうですね。曲が始まる前までは緊張しているんですけど、始まったら「お客さんを楽しませたい」という気持ちになります。

PP:ということは大会が好きなんですね?

市橋:緊張するけど好きですね。

PP:今シーズンのプログラム、ショート『オペラ「ミス・サイゴン」より』とフリー『チャップリン』について教えてください。

市橋:ショートはジュリー・マルコットさんの振付です。ピアノ曲で大人っぽい雰囲気に仕上がりました。フリーはメドレーで、ヴァレリー・サウレーさんの振付です。静かに始まって、お馴染みの明るい曲調になります。シングルではコメディー系の曲を使ったことがなかったので最初は抵抗があったんですけど、シングルと違って2人で合わせて踊っていくので楽しいです。難しいけどやりがいがあります。

PP:市橋選手がチャップリンを演じられるんですか?

市橋:2人ともチャップリンという感じなんです!

PP:おもしろそうですね!

お知らせ

\KENJIの部屋パック登場/
◆J SPORTSオンデマンドでは「【期間限定】KENJIの部屋パック」を発売中!
販売価格: 7,200円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の3,600円(税抜)
9月ゲスト・・・羽生結弦選手
10月ゲスト・・・村上大介選手
11月ゲスト・・・小塚崇彦選手
12月ゲスト・・・宮原知子選手
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ