むくつけき男たちの中で、日本代表選手の精神面のサポートを務めているのが米国でスポーツ心理学の博士号を取得した荒木香織メンタルコーチ(42)。兵庫県立大学准教授として教壇に立ち、昨年9月に授かった長男の育児、そして代表の心の強化と“一人三役”をこなすスーパーウーマンだ。

宮崎で過酷な練習を続ける日本代表を、ハートのケアで支えてきた。
「代表ではメンタルコーチと呼んでもらっています。頑張りたい人が、もっと頑張れるようにコンサルタント、相談していくのが役割だと思う」

代表の大男の中では、なおさらきゃしゃに見える体からは予想もできないパワーと行動力の持ち主だ。陸上短距離で、中1から社会人1年目で現役を引退するまで毎年全国大会に出場。「日本一になったことはないし、記録と成績が伴わないタイプ」と苦笑するが、日本3位にもランキングされた。

大学卒業後に高校の非常勤講師の傍ら陸上も続けた。「陸上ばかりであまりにも物事を知らなさすぎた。これじゃだめだと語学留学して、スポーツ心理学を知りました」。米国で修士、博士号を獲得して1度帰国。シンガポールの大学で教員を務め、同国セーリングチームのメンタルコーチとして2008年北京五輪に参加した。

お知らせ

◆これを見てエディージャパンを応援しよう!
»日本代表選手名鑑
ラグビーワールドカップ2015に向けてエディージャパンが始動!ここでしか見られない選手写真や動画も随時up!

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ