宮本賢二さん、宇野昌磨選手

スポーツテレビ局J SPORTSで絶賛放送中の「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」では、日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、トップスケーターをゲストに迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!5月、6月はフィギュアスケート界の名門・中京大学&中京大中京高スペシャルをお送りします!
第三弾は端正なルックスと表現力豊かなダンスで女性ファンを魅了する17歳、宇野昌磨選手。前編となる今回は、浅田真央選手の影響で始めたフィギュアスケートと歩んだこれまでについて話してくれました。

スケートを始めたきっかけ

――今日はいろいろ聞いていきたいんやけども、大丈夫?

宇野:はい、大丈夫です。

――昌磨くんまつ毛長いね

宇野:はい。

――言われても困るよね。お互い初めて会ったのはいつぐらいかな?

宇野:エキシビジョンくらい?

――声ちっさ(笑)。何年前かな?10年はやってるよね。何歳の時に始めたの?

宇野:ちゃんと始めたのは5、6歳くらいだと思います。初めて滑ったのはもうちょっと前かもしれないけど。

――5、6歳で選手として練習しようみたいな?

宇野:そうですね、最初は遊び半分だったんですけど、クラブに誘われたりやっていくうちにいつのまにか真剣に取り組むようになってました。

――なんかいつも練習でよく泣いてたよね。

宇野:ちっちゃい時は毎日泣いてました。

――そうやんね。それは悲しくて?悔しくて?

宇野:跳べなくて悔しいのと、お母さんが怖かったっていうのと。

――始めたきっかけはなんやったん?

宇野:大須スケートリンクに遊びに行って、何回か行ってるうちに浅田真央ちゃんが滑っていて、なんでかは知らないんですけど遊んでいただいて。スケート教室に入ってホッケーをやるかスピードスケートをやるかフィギュアをやるかっていう案内が来て、じゃあ真央ちゃんと同じのにするって言ってフィギュアスケートを始めました。

――じゃあスケートのきっかけが真央ちゃんやったんや。真央ちゃんが鬼ごっことかしてくれたの?

宇野:あんまり覚えてないんですけど、真央ちゃんを追いかけてたのは覚えてます。

――追いかけてたんや

宇野:はい。最初は多分遊んでくれてて、練習してるのに僕が勝手に追いかけてたんだと思います。

――その辺もかわいかったんやろね、真央ちゃんからしたら

宇野:今考えると、邪魔だっただろうなと思います。

――その頃はどんな子供やったの?はしゃいだりとか走り回ったりするような子やったの?

宇野:最初は本当に人見知りで全然しゃべんないんですけど、だんだん慣れてくると今よりはしゃいだりしてました。

――スケート始めて、ジャンプとか練習し出してすぐ夢中になった?

宇野:いつの間にか夢中になってました。

――何そのかっこいい言い方は。意識し出して、選手になろうとか上を目指そうとか思い出した?

宇野:最初はもうここまで真剣にフィギュアスケートだけをやっていくなんて思っていませんでした。

――ダブルアクセルはいつ跳べたん?

宇野:多分小学5、6年生だと思います。

――5、6年生やったらちょっと遅い方?

宇野:結構遅かったです。

――そうやんね。トリプルアクセルも結構時間かかったけど、跳びだしたらもうすごいね。練習でもアクセルとか4回転見てたら、ちょっと中断して拍手とかしてまうもん。そんな簡単に跳べんの?みたいな

宇野:ありがとうございます。

お知らせ

フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋
フィギュアスケート界の名門・中京大&中京大中京高スペシャル。
KENJI先生が3人の本音と素顔に迫ります。お楽しみに!!
【宇野昌磨】
・前編(再放送)
6月11日(木)午後2:55〜 J SPORTS 4
6月12日(金)午後8:10〜 J SPORTS 4
6月13日(土)午後1:30〜 J SPORTS 4
6月14日(日)午後6:00〜 J SPORTS 4
6月15日(月)午後6:00〜 J SPORTS 4
・後編
6月16日(火)午後10:00〜 J SPORTS 4
≫特集ページを見る
≫詳しい 放送予定はコチラ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ