男子シングル

3連覇を目指すスペインのハビエル・フェルナンデスが今年も優勝候補の筆頭です。確率の高い2種類の四回転ジャンプに、今季は演技構成点の面でもアピールできるプログラムを揃え盤石です。また、自国開催のグランプリファイナルで、ショートの大失敗を乗り越えての逆転2位は大きな経験値となりました。唯一、出発直前に足裏を痛めたという一報が入りましたが、本人が「足は大丈夫!」と宣言したので心配はなさそうです。

追撃するのは、まずはロシア勢。ロシア王者マキシム・コフトゥンも2種類の四回転を飛び、さらに成長したスケーティングが国内選手権で高い評価を受け勢いに乗ります。昨年の欧州銀メダリストであるセルゲイ・ヴォロノフは、今季プログラムをまとめる力・安定感が抜群です。グランプリファイナルに続き表彰台に乗れるか。

また、欧州の実力者たちもシーズン後半に向けてどう調子を上げてきているでしょうか。チェコのミハル・ブレジナは練習拠点をドイツに戻し、グランプリシリーズ2年ぶりの表彰台に上りました。勇壮なSP(ショートプログラム)、気品溢れるFS(フリースケーティング)、良いプログラム2本が揃いあとはジャンプの完成度のみ。フランスのフローラン・アモディオは、昨季この試合から長い迷宮へ。しかし環境を変え、フランスのナショナルチーム仲間と切磋琢磨し調子は上向き、今季は外していたSPでの四回転サルコウを戻してくる予定とのことです。

嬉しいエントリーが、地元スウェーデンのアレクサンドル・マヨロフの復帰です。今オフに右膝半月板の手術など脚の治療を行いましたが、別の部位の怪我が起こす激しい痛みにシーズン前半にわたって苦しめられました。粘り強く治療法を探し、今は3アクセルを飛べるまで回復。今季初試合が地元開催の欧州選手権となります。

女子シングル

女子の優勝争いは、グランプリファイナル、ロシア選手権と続いたエレーナ・ラジオノワとエリザヴェータ・トゥクタミシェワの一騎打ちがまた展開されそうです。パーフェクトな演技で新ロシア女王となり、勢いに乗るラジオノワか。それとも年明け早々に3アクセルの練習動画で、またしてもスケートファンの度肝を抜いたトゥクタミシェワのジャンプ能力が勝るか。 同じロシアのアンナ・ポゴリラヤも総合力では十分メダルを狙えますから、ロシア十代女子の表彰台独占の可能性も。

それに待ったをかけるとすれば……欧州選手権のミッシングピースが戻ってきました。フィンランドのキーラ・コルピが3年ぶりの出場です。怪我がちな彼女はソチ五輪最終予選直前にアキレス腱部分断裂の悲劇に見舞われましたが、諦めず復帰を目指し、復帰戦となった昨年末の国際試合で優勝。端正で美しいスケーティングと成熟した表現は健在、どこまでのパフォーマンスを見せてくれるでしょうか。

また、フランスのマエ=ベレニス・メイテもフランス選手権から3ルッツ−3トゥループを取り入れ上位進出への意欲十分。ヴィクトリアとヨシのヘルゲソン姉妹もきっと、地元スウェーデンのファンの声援が後押しするでしょう。

お知らせ

◆ ISU欧州フィギュアスケート選手権2015
歴史と伝統に彩られた国際競技会。今年も全種目放送! お楽しみください!

  • 1月28日(水)午後7:00〜 J SPORTS 4 男子ショートプログラム
  • 1月29日(木)午後7:00〜 J SPORTS 4 女子ショートプログラム
  • 1月30日(金)深夜2:00〜 J SPORTS 4 男子フリースケーティング
  • 1月31日(土)午後8:00〜 J SPORTS 4 女子フリースケーティング
  • 2月28日(土)午後3:00〜 J SPORTS 4 ペア
  • 2月28日(土)午後6:00〜 J SPORTS 4 アイスダンス
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る

◆ J SPORTS LIVE+オンデマンドでも配信!
PC、スマホ、タブレットでいつでもどこでも見られる!
詳細はオンデマンドページでご確認ください。


スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ