ラグビー日本代表・五郎丸歩選手の全国高校ラグビー大会への思いとは。

――高校は地元の福岡ではなく、佐賀工(佐賀)に進学しました。

五郎丸: 兄(亮/コカ・コーラ)がいたので佐賀工(佐賀)に進学しましたが、毎日練習が厳しかったですね。兄と親元を離れて暮らしていたので、洗濯もしてご飯も作らなくちゃいけないし、きつかったです。

――花園での思い出は?

五郎丸: 残念ながら花園では負けた悔しい思い出しか残っていないですね……。高校3年のときよりも兄と一緒に出た高校2年生の大会の方がよく覚えています。準々決勝で東福岡に負けました。高校2年生のときは春の選抜大会で準優勝して、国体でも単独チームで優勝して、Aシードに選出されていました。注目もされていたし、当然優勝するつもりでしたが、自分のミスもあり準々決勝で負けてしまった。

ただ小学3年生からラグビーをやっていたので、まさか花園に出られると思っていませんでした。自分の中では秩父宮ラグビー場より国立競技場より花園が聖地でしたね。高校1年から目標にしていたので、その分、プレッシャーが大きかった。その準々決勝で初めて花園第1グラウンドでプレーしたのですが、憧れが強すぎて緊張で頭が真っ白になってしまって、パニックみたいになってしまいましたね。今でも試合内容は思い出せないくらいです。

――高校時代一番、大変だった練習は?

五郎丸: 2年生の花園負けて佐賀に帰った時に、小城博監督(当時)に理由などは特に何も言われませんでしたが、僕だけキック処理やフィットネスなど1ヶ月半くらい練習がきつくなりました。ミスしたことは謝って済む問題じゃなかったので、逆にありがたかったです。そういった練習をしたことで、また、みんなに認めてもらうことができましたね。

――高校3年時にも出場しています。花園での経験が今の五郎丸選手にどういった影響を与えていますか?

五郎丸: 3年時も春の選抜大会で準優勝し、花園では昨年度のチームを越えようと臨みましたが、またも準々決勝で大分舞鶴に敗戦してしまいました。ただ、花園での失敗を取り返したいという思いがあったからこそ、早稲田大やヤマハ発動機、日本代表でプレーする今の自分があると思います。

――ヤマハ発動機ジュビロ、副将として日本代表でも活躍している五郎丸選手。2015年はいよいよワールドカップが開催されます。今の心境は?

五郎丸: もちろん、日本代表としてチームが成長しているという手応えはありますが、他のチームも力をつけてきているなという感じはします。特に、ワールドカップで対戦するスコットランドそうですし、ワールドカップは本当に一人ひとりが勝負しないと、自分たちの満足のいく結果は出ないと思います。

お知らせ

◆全国高校ラグビー大会 1回戦 1日目 放送予定
12月27日 (土) 午前10:25 花園第1グラウンド J SPORTS 1
12月27日 (土) 午前11:55 花園第2グラウンド J SPORTS 4
12月27日 (土) 午前11:55 花園第3グラウンド J SPORTS 3

◆12月27日(土)〜1月7日(水)全国高校ラグビー大会 全試合放送!
★大会特集ページ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ