「僕がヴァンフォーレ甲府にいた頃、(松本)山雅さんとはよく練習試合をさせてもらいましたが、地域リーグのクラブにも関わらず沢山の方が応援に駆けつけてくれた。当時のチャレンジがあるから松本の強さがある。その後、反町(康治=監督)さんが来て、勝つためにチームを導いてくれて、J1昇格一歩手前の所に来ている。そういうチームだからこそ、松本にはJ1に行って欲しい。厳しい中で打ち勝つだけの体力もあると思います」

10月26日の2014年J2第38節・松本山雅対カターレ富山戦。敗戦の将・安間貴義監督は、自身が甲府を率いていた2009年に湘南ベルマーレと熾烈なJ1昇格争いを演じた当時の指揮官である反町監督と松本山雅の現在に最大級の賛辞を送った。その富山を下した山雅は長年の夢だった悲願のJ1昇格にいよいよ王手をかけた。

5試合未勝利で終わった9月とは打って変わり、10月に入ってからは横浜FCと大分トリニータに連勝し、京都サンガに引き分けと順調に勝ち点を重ねてきた山雅。しかし26日の相手・富山は一筋縄ではいかない相手だった。彼らは目下、ダントツの最下位に沈んでいて、J3自動降格の危機に瀕している。崖っぷちに立たされているだけに、ここ一番の力は出るはず。加えてメンバーも安間監督の甲府時代の秘蔵っ子である池端陽介、大西容平に加え、年代別代表歴のある白崎凌兵、宮吉拓実、苔口卓也といった個人能力の面々がいる。山雅は下位チームに苦戦するジンクスがある。気合を入れてのぞむ必要があった。

アルウィンが春先のような強風に見舞われたこともあり、前半の山雅はかなりの苦戦を強いられた。加藤善之GMが試合後「選手たちには目に見えない重圧がかかっているのか、動きが非常に硬かった」とコメントしていたが、この日の山雅は前線の山本大貴の所でボールが収まらず、中盤の喜山康平がミスパスを連発するなど、流れがつかめなかった。相手は5−3−2の守備的布陣で自陣に人数をかけて守りを固め、スピードのある苔口のカウンターでゴールを狙ってくる。その苔口を喜山が止め切れなかったり、彼と連動して前に出てきた宮吉、白崎のマークが遅れたりと、どうもドタバタ感が拭えない。前半は決定機らしい決定機が全く作れないまま終了した。

この戦いぶりを見て、反町監督はハーフタイムに選手たちに檄を飛ばしたという。「セカンドボールが拾えていないと監督から激しい口調で言われた」と岩間雄大も反省しきりだった。指揮官の喝がきいたのか、後半の山雅は風下に回ったにも関わらずアグレッシブさが出てきた。得意のリスタートのチャンスも増え、後半17分に岩上祐三の右サイドのFKを大久保裕樹がヘッドで合わせ待望の先制点を手に入れる。これも犬飼智也の相手マークがつくことを想定し、うまい具合にフリースペースを作ったところに大久保が入りこんだ形だった。

お知らせ

◆14/15 イングランド プレミアリーグ 第10節
11月01日 (土) 午後09:39 ニューカッスル vs. リヴァプール J SPORTS 2
11月01日 (土) 午後11:54 チェルシー vs. QPR J SPORTS 4
11月01日 (土) 午後11:54 アーセナル vs. バーンリー J SPORTS 2
11月02日 (日) 午後10:24 マンチェスター・シティ vs. マンチェスター・ユナイテッド J SPORTS 4
≫詳しい放送予定はこちらから

◆プレミアリーグ全試合LIVE配信!PC、スマホ、タブレットでいつでもどこでも見られる!
詳細はオンデマンドページでご確認ください。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ