振付師・宮本賢二先生のトーク番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」10月のゲスト、鈴木明子さんの名場面集をお届けします。KENJIの部屋と共に、是非Akiko SUZUKIの歴史を振り返って下さい。

Akiko SUZUKIの歴史を振り返るためのウォームアップ:まずは【13年全日本・たまアリ大号泣】を思い出そう

ソチ五輪の出場選手紹介をルパン近藤と共にお送りしていましたが(日頃フィギュアスケートを見ないスポーツファンにルパン近藤が語るソチ五輪フィギュアスケート女子日本代表選手紹介参照)、「泣ける」鈴木明子さんの演技は、昨季のクリスマスの全日本選手権・さいたまスーパーアリーナでその極みを迎えます。

フリースケーティング(FS)『オペラ座の怪人』は、踊りと滑りと技を駆使し、強さと優しさ、儚さと激しさ、哀しみと喜び、全ての情感を繊細な濃淡で魅せていきます。『Music of the Night』のコレオシークエンスの辺りで、見えない音楽が目に見えたその時、明子さんの姿が涙で見えなくなりましたね?今度は泣かないように全日本の『オペラ座の怪人』を思い出しましょう!

復活のシュプール*その1『Bellezza』の衝撃

鈴木明子さんには、将来を嘱望されていたジュニア時代にブランクシーズン(2003−2004)があります。拒食症という過酷な病を克服されたのですが、それを隠すことなく「自分が信じていれば、必ず道は続いて行く」とインタビューで溌剌と答えて下さったのを憶えています。

『Bellezza』は、復活の兆しが出て来た2007−2008シーズン最後の試合となったエイゴンチャレンジカップ(優勝)のエキシビションです。かつての自身と同じような病状で試合に出られなくなった選手に代わって、オランダの高名なピアニストの方の生演奏で滑るという、運命的なプログラム。明子さんは、1時間の練習で自ら振り付け、「感じるまま」に音楽を演じてみせました。Akiko SUZUKIの様々なタッチが既に備わっています。

お知らせ

◆新番組 フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋 スタート
10月ゲストは鈴木明子さんです。お楽しみに!
≫KENJIの部屋 特集ページを見る
≫放送予定一覧を見る

◆毎週火曜日午後10時〜 J SPORTS LIVE+オンデマンドで配信!
PC、スマホ、タブレットでいつでもどこでも見られる!
詳細はオンデマンドページでご確認ください。


スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ