さて、J2で2位確保に大きく前進した松本山雅は目を瞠るような快勝だった。こちらは、かつては「サッカー不毛の地」とまで言われた長野県からの初のJ1昇格というおめでたい話。横浜FCのホームゲームだったが、東京都内の味の素フィールド西が丘で行われた試合には、松本からの数多くのサポーターが駆け付けてスタンドを埋めた。ただ、「松本の快勝」であると同時に、横浜FCの自滅のような試合でもあった。3−4−3で戦う松本に対して、普段は4バックで戦っている横浜が3−4−3を選択した。例えば、浦和やサンフレッチェ広島のように3−4−3の相手に合わせてマンマークのように1対1でマークを付けて守ろうというやり方はよく見かける。相手と同じフォーメーションにして戦うので「ミラーゲーム」という言い方をする。

ところが、横浜のこの選択は失敗だったようだ。守備面でもせっかく1対1でマークを付けられるように選手の並びを変えたのに、肝心のところのマークが緩く、サイドを何度も突破されてしまう。しかも、いつもと並びが違うことで自分たちのボールになってからも、パスの回り方がスムースでなくなってしまう。さらに、ミラーゲームになったことで、むしろ松本の方が守りやすくなったようで、前半は一方的な試合になってしまったのだ(前半は松本のシュートが11本で、横浜はわずか2本)。結局、後半に元の4バック(4−2−3−1。途中から4−2−4)に戻したことで、後半は横浜が互角かそれ以上の戦いができていた。山口素弘監督自らが語ったように、「監督の選択ミス」である。

また、この試合、試合前のコイントスに勝った横浜は、サイドを入れ替えた。そして、満員に膨れ上がった松本のサポーター席を背中に背負って戦ったのだ。そして、まるでアウェーのような雰囲気の中で2点をたたき込まれてしまう。「なんで?」と山口監督に聞いたら、「自分たちが1点リードして後半に入ったとして、そこで相手のサポーターを背にしたくなかった」と言うのだ。ううん?、考え過ぎでしょう。山口監督には、以前に同じような質問をしたことがあるが、その時、山口監督は「コイントスは選手に任せている」と言っていたのだが、今回は監督が考えてサイドを変える選択をしたようだ。

松本の反町康治監督と横浜の山口素弘監督。ともに、「知性派」というか、「策士」同士の顔合わせである。それを意識し過ぎた結果、山口監督がいろいろな意味で考え過ぎ、策を弄して失敗したような印象を受けた。一方の大策士、反町監督はコーナーキックに工夫を凝らしてきた。岩上祐三は左右いずれからのCKでも徹底してニアを狙い、ニアに誰かが飛び込んで、こぼれを狙うというのを徹底した。それが、開始2分、2本目のCKで見事に決まってしまったというのは多分に幸運ではあったが、こちらは「策」を見事に的中させてしまった。

photo

後藤 健生
1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授

お知らせ

◆14/15 イングランド プレミアリーグ 第8節
10月18日 (土) 午後08:39 マンチェスター・シティ vs. トッテナム J SPORTS 2
10月19日 (日) 午後09:24 QPR vs. リヴァプール J SPORTS 4
10月20日 (月) 深夜 03:54 ウェストブロムウィッチ vs. マンチェスター・ユナイテッド J SPORTS 4
≫詳しい放送予定はこちらから

◆プレミアリーグ全試合LIVE配信!PC、スマホ、タブレットでいつでもどこでも見られる!
詳細はオンデマンドページでご確認ください。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ