日本人初の“プレミアリーガー”である稲本潤一選手。アーセナル、フルアム、ウェストブロムウィッチの計3チームでプレミアリーグを戦ったのは、日本人最多だ。欧州で数々の経験を重ねてきた稲本選手に、改めてプレミアリーグについて聞いた。

別格だったプレミアの“速さ”

稲本選手は2001年、弱冠21歳でイングランドに渡る。それ以来、実に9年もの海外生活を送り、その間、トルコ、ドイツ、フランスでもプレーした。そんななかでも、プレミアリーグの“速さ”は、別格だったという。

「マイボールになった瞬間に、どれだけ前に上がっていけるかだと思います。ドイツやフランスであれば、マイボールになった時、まずはボールに近づいて、パスを受けようという動きをすると思いますが、ボールを奪った選手がそのままドリブルで前進したり、他の選手はスペースめがけて走っていったりするのは、プレミアリーグの方が多いかなという印象はあります」

とりわけ、最初に所属したアーセナルでは、オランダ代表のデニス・ベルカンプ、フランス代表のティエリ・アンリ、ロベール・ピレス、パトリック・ヴィエラなど錚々たるメンバーが揃っていた。「ほとんど、現地の情報を持っていなかった」という稲本選手にとっては、プレースピードだけでなく、全ての面で衝撃を受けたそうだ。

その後、フルアムを経て入団したウェストブロムウィッチでは、典型的な“イングランドサッカー”と出会う。

当時、監督から求められたのは、「ロングボールを蹴って、競り合った後にこぼれたボールをいかに拾えるか、また、ボックス・トゥ・ボックスでどれだけ走って球際に強く当たっていけるか」ということ。日本人には適しているとは言い難いスタイルだったが、それでも、稲本選手は順応への努力を続けると共に、“自分の色”を出すことを忘れなかったという。

「監督の要求を確実にこなしながらも、他の選手とはどういう違いを見せられるかを常に意識していました。やはり、イングランド特有のプレースタイルには慣れていないので、中盤でボールを捌いて攻撃の起点になるような選手として勝負したいなと思っていました」

ピッチ内外で感じた“プレミアらしさ”

プレミアリーグと言えば、ピッチ上で繰り広げられる激しさだけではなく、スタジアムを包む雰囲気も大きな魅力だ。稲本選手自身も、「世界で一番素晴らしい」というその理由を教えてくれた。

「素晴らしいタックルをしたら歓声が上がるし、相手の選手が後ろ向きなパスをしただけでも、スタンドが沸きます。そういうお客さんの反応は、日本とはすごく違いますね。また、サポーターが歌うチャントも、結構、相手を皮肉るような歌を歌っています。現地に行けば一番良いのですが、歌や歓声はテレビの画面からでも伝わってくるので、そういうところも見て欲しいですね」

「自分にチャントを歌ってもらうと、受け入れられたと実感することもあった」という稲本選手。そこで、「思い出に残っているスタジアムは?」と尋ねると、今は無きスタジアムの名前が挙がった。

「やはり、ハイバリー(注:2006年までアーセナルがホームスタジアムとして使用)ですね。ああいう歴史のある、昔ながらのスタジアムで、アーセナルの一員として試合に出られたことは、今思うと良い経験が出来たかなと。お客さんが入ることを意識して、大きなスタジアムが新しく建つのは仕方のないことですが、ああいう昔ながらのスタジアムで、移籍1年目からチャンピオンズリーグの試合に出られたのは、思い出に残っています」

一方、スタジアムを一歩離れると、そこでも“プレミアらしさ”を感じることがあったという。

「“サッカー選手”という位置づけが、しっかり確立されている国だと思います。プライベートでも、ファンの人たちに気づかれることがあっても、そこまで話しかけてきたりはしないですし、サインを求められることもほとんどなかったですね。『頑張れよ』と軽く声をかけられることはあっても、基本的にはプライベートを尊重してくれる国だとは感じました」

プレミアでの経験を日本に還元して欲しい

今でも、プレミアリーグの動向はチェックしているという稲本選手。「ドイツなどに比べると、日本人が適応するには難しいリーグであり、日本人にはなかなか不向きなサッカースタイル」と語る一方で、かつて自身がプレーしていた頃と比べて、「足元でボールを繋ごうとするチームが増えてきた」印象があるという。そして、それはある意味、日本人にとっては追い風だと話す。

「昔と比べると、今の方が日本人にとっては多少やりやすいかな、というのは感じます。今でもロングボールを多用するチームはあると思いますが、昔に比べて、“ボールをつなごう”という意図を感じるチームが増えています。なので、今の方が、日本人にとってはプレーしやすいとは思います」

だからこそ、今、現地で奮闘を続ける日本人選手に対しては、とにかく試合に出続けて、その経験を日本に還元して欲しいとエールを送る。

「イングランドは、まだそれほど成功している選手がいないイメージがありますが、そうした状況のなかで、日本人選手がどういう活躍を見せるのかは、注目して見てみたいですね。それぞれで熾烈なポジション争いがあると思いますが、そこでレギュラーを掴みとることも力になると思いますし、試合に出ることも力になるはずので、是非そこで良い経験をして、日本に還元して欲しいと思います」

サッカー選手として、もっとも成長が期待される20代前半から中盤にかけて、1人、プレミアリーグという異空間で戦い続けた稲本選手。イングランドサッカーの先駆者として、日本人選手の成功を心から願う姿がそこにはあった。

photo

フットメディア
Foot!でもお馴染み、スポーツコメンテイター西岡明彦が代表を務めるスポーツメディア専門集団。 語学が堪能で、フットボールに造詣が深いライター陣のコラムは、様々な媒体において高い評価を得ている。 J SPORTSでは、プレミアリーグ中継やFoot!などの番組演出にも協力している。

お知らせ

■現役Jリーガー、解説者が語る!日本と世界と欧州サッカー
これを読めば、W杯がますます楽しめる!14/15プレミアリーグがもっともっと楽しみになる!


―プレゼント詳細―

FC東京 高橋秀人選手のサイン入りユニフォーム 1名様
柏レイソル 工藤壮人選手のサイン入りユニフォーム 1名様 へプレゼントします。
締め切り:8月31日(日)


»特集ページを見る

»プレゼント応募ページを見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ