――昨シーズンのトップリーグは惜しくも5位でした。
「2011年に清宮克幸監督が就任し、年々力は付いてきていると思います。早稲田大学時代の監督は怖かったですけど、今はそういった感情はなくなりましたね。ヤマハ発動機でも清宮監督とともに積み上げてきましたが、昨シーズンは2ndステージの後半3試合で連敗して、ベスト4入りをあと一歩で逃してしまいました。今シーズンは勝負どころでしっかりと勝ちきりたいし、顔ぶれがあまり変わっていないトップ4の一角を崩すことでトップリーグ全体を盛り上げたいと思っています」

――個人タイトルへの思いは?
「2年連続受賞していた得点王とベストキッカー賞の個人タイトルを、昨シーズンは逃してしまいました。今シーズンはそれらを狙いながら、チームの勝利にも貢献していきたいですね。チームとしても、2004年の準優勝が最高順位なので、タイトルを狙っていきたい思いはあります。やはり、優勝しないと一皮剥けないと思うので…」

――日本代表では副キャプテンとしてチームを牽引する一人です。春シーズンが終わった後に、日本代表のエディー・ジョーンズ ヘッドコーチからはどんな話がありましたか?
「あんまり言われなかったです(笑)。プレースキックの成功率もちょうど80%くらいだったので、それをワールドカップでも出せるように、チームに戻ってもキープしてほしいということでした」

――ワールドカップまであと1年ですが、ご自分で伸ばしたいと思っている点は?
「ウェイトトレーニングなどは個人でもしっかりできていますし、日本代表のコーチ陣からもターゲットになる数値が送られてきています。チームでのトレーニングを重ねつつ、個人としてもワールドカップのためにしっかりやっていこうと思っています」

――今シーズンのトップリーグでの目標は?
「インターナショナルレベルで良い選手というのは、当たり前のプレーを当たり前にできる選手だと思います。自分もそういうミスが少ない選手になりたいです。ジョーンズ ヘッドコーチからはプレーの内容が悪いとすぐにメールが来るのですが、そういうメールがないように、しっかりチームを引っ張って、頑張りたいと思います」

――ワールドカップ直前の大事なシーズンになります。
「1年後という目標はありますが、そこに向けて、まずはチームで今できることをやっていくつもりです。今シーズンのヤマハ発動機は昨シーズン以上にセットプレーが強化されていますが、しっかりプレーしてトップ4に入らないといけないと思っています。応援よろしくお願いします」

◆五郎丸歩 PROFILE
1986年3月1日生まれ(28歳)
佐賀県・佐賀工業高校−早稲田大学−ヤマハ発動機
ポジション:フルバック 185cm/95kg
代表歴:日本代表(キャップ41)
2013年出場記録
トップリーグ:14試合(3トライ、167得点)
ワイルドカードトーナメント:2試合(24得点)
日本選手権:2試合(22得点)
★ヤマハ発動機ジュビロ HPはこちら

取材日:7月24日
インタビュー・構成:斉藤健仁
写真:スポーツエンターテイメントアソシエイツ/霜越隼人

photo

斉藤 健仁
スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365 」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「突破!リッチー・マコウ自伝」(東邦出版)など著書多数。≫Twitterアカウント

お知らせ

◆1年後のワールドカップに向け、トップリーグ開幕!
・9月6日(土)午後05:50 ヤマハ発動機 vs. パナソニック J SPORTS 3で生中継

・トップリーグプレビュー:8月8日 (金) 午後10:30
・トップリーグ開幕戦:8月22日(金)午後7:20 パナソニックvs.東芝 J SPORTS 2で生中継

★トップリーグ放送予定はこちら
★トップリーグ試合日程はこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ