現地9日、レッドソックス戦に先発したレンジャーズのダルビッシュ有が、あと一人のところでノーヒットノーランを“またしても”逃す快投をみせた。ダルビッシュは昨シーズン、4月のアストロズ戦で9回2死まで完全試合だったが、そこからヒットを打たれて大記録達成を逃している。

ブルワーズ戦に先発したヤンキースの田中将大は“またしても”無敗のまま今季5勝目を挙げた。田中はこれで2012年夏以来のシーズン連勝記録を「33」に更新した。米国でも田中の続く“0敗”の軌跡を暗示するかのように、この日の試合後は「5-0(5勝0敗)」「また勝った」「なおも完璧(負けなし)」という小見出しが多く踊った。(参照:米Newsday、USA Today、米ウォール・ストリート・ジャーナル

現地ではシーズン開幕前、鳴物入りでヤンキース入りした田中には“過大評価だ”との声もあった。そのたびに擁護派は、「なにせ24勝0敗だぞ!?」と昨シーズンのプロ野球での大記録を盾に反論した。一部の「メジャーでの成績ではない」との反発を受けながらも、圧巻の「24-0」という成績は、田中の修飾語として春先からしばしば繰り返し使用されている。

だが、開幕から1カ月以上が経った今、田中は「メジャーでの成績」も着実にあらわしている。ここまでの5勝、58奪三振はいずれもリーグ2位。先発投手の評価基準であるクオリティ・スタート(6回以上を投げて自責点3以内)は、7戦連続で100%の達成率となり、メジャートップだ。

今日のダルビッシュの快投を称えた田中。それに関してESPNのタイトルは“HIRO says Yu the best”(ヒーローはユーが最高だと語った)と小粋に綴っている。まさひろのHIROとHERO(英雄)のヒーローをかけ、ダルビッシュ有のYuとYou(あなた)をかけ、対等に扱っているのだ。

レンジャーズのエースで昨季サイ・ヤング賞投票2位だった、ダルビッシュの人気は言うまでもないが、ここまでチームのエース級の活躍をみせている田中のファンも、ますます増えている。ヤンキースの所属するア・リーグと違って、代打(DH)制のないナ・リーグ本拠地で戦うインターリーグ(交流戦)では、先発投手も9番目の打者として打席に立つ。今日、田中がそのメジャー初打席を迎えた時、お馴染みの「#TanakaTime」のハッシュタグは瞬く間に600以上もツイートされた。

今日もピンチはあったが7回途中2失点とゲームを作り、ヤンキースは5-3で勝利した。前回2登板では思うような変化球が投げられない事態にも陥ったが、立て直して負けなかった。そんな田中は“Mr.Adjustment”(修正男)とも呼ばれる。ジョー・ジラルディ監督も、「田中の凄いところは、どんな時も打開策を見出すところにある」と絶賛する。

試合後、「(ダルビッシュのような)圧倒的な投球は自分には無理。これからも泥臭く抑えていくだけ」と語った田中だが、その姿に大勢のファンが魅了されている。心身ともに逞しく向かっていき、紆余曲折の末に“負けない”のだ。田中の試合には、ドラマチックな“主人公”と“物語”という人々が惹かれる要素が奇跡のように詰まっている。

これ以上ないほど劇的だったダルビッシュは今日、最後の最後に昨季ワールドシリーズMVPのデイビッド・オルティスにヒットを打たれて、大記録達成はならなかった。比較されることの多い日本の若き両エースが綴る極上のストーリーに、これからも目が離せなくなりそうだ。

photo

スポカルラボ
MLBをはじめ海外スポーツに精通した英日翻訳ライター3人による メディアコンテンツ制作ユニット。スポーツが持つ多用な魅力を独自 の切り口で表現し、人生の選択肢はたったの一つや二つではない、 多様なライフスタイルを促進することをミッションに掲げて活動中。 Facebook→スポカルラボ

お知らせ

◆田中将大のレギュラーシーズン先発試合を全試合生中継!
開幕からポストシーズン、ワールドシリーズまで中継!
田中将大、ダルビッシュ有、黒田博樹、岩隈久志など日本人投手先発試合を徹底放送します。
≫特集ページを見る
≫詳しい放送予定を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ