[写真] 本拠地オールドトラフォード。もし来季、ここで欧州カップ戦が開催されなければ経営は苦しくなり、負の連鎖が起こる

崩壊5秒前―。マンチェスター・ユナイテッドはいま瀬戸際にいる。残りリーグ戦5戦のうち、ひとつでも負けると、今季は7位以下に終わり、来季は1989-90年シーズン以来、25季ぶりに欧州カップ戦に出場しない可能性が高まる。もしこの四半世紀ぶりの低迷を招いたら、負の連鎖が起こり、帝国は崩壊するだろう。

9日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦、敵地でバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)に1-3で完敗し、2戦合計2-4で敗退した。リーグ戦は5戦を残しているが、来季の欧州CLの出場権が得られる4位以内には勝ち点7差。欧州リーグの出場権が得られる5位のエバートンはゲームインハンド(エバートンのほうが消化試合数がひとつ少ない状態)で、勝ち点差が6。6位のトットナムとは勝ち点差2ある。

欧州CLはおろか、もし欧州リーグの出場権まで逃すと、入場料、出場料、テレビ放映権料などの大幅な減収に加え、イメージの低下によるスポンサー収入が減るのは避けられない。さらに深刻なのは、選手補強だ。今オフには、すでにインテル・ミラノ(イタリア)への移籍が決まっているビディッチに加え、香川真司、エブラ、ナニ、バレンシア、チチャリートことエルナンデスらが退団する可能性があり、さらにギグスは現役引退すると見られている。

これら大量に退団する選手に代わって、この夏の移籍市場では大型補強を施し、モイズ監督好みのチームに大改革する計画だった。バイエルン戦のあと、指揮官は来季、欧州CLへ出場できないことが、移籍交渉にどう影響するか、と聞かれてこう答えた。

「ひそかに交渉中のどんな選手も、相当に喜んで移籍してくる。かつて一度も問題になったことはない。適正な費用を投じて選手を獲得しようとしている。欧州CLのことは影響しない」

これは指揮官の強がりだろう。天下のマンチェスターUとはいえ、欧州カップ戦がなく、しかも今季このような低迷を招いたモイズ監督の下では、自分は力を発揮できないのでは、と疑問に感じる選手は少なくない。しかも昨夏、今冬と2度の移籍市場を見ても、モイズ監督はこの分野での「手腕」は決してよくない。本当に欲しかった選手で獲得できたのは、マタぐらいだ。

選手は出て行ったが、欲しい選手が獲れず、さらにチーム力が低下し、もっと弱体化する…。こうなると泥沼状態だ。モイズ監督は解任され、オーナーのグレイザー一家は、クラブ経営を維持できなくなるかもしれない。

20日、マンチェスターUは敵地でエバートンと対戦する。この時点でエバートンのほうが消化試合数はひとつ上回っていて、現在4位のアーセナルと順位が入れ替わっている可能性はあるが、どのみち「欧州カップ戦枠」を争う直接対決である。モイズ監督が今季初めて、グッディソンパークへ戻るとき、エバートンのほうが上位で、しかもそれがマンチェスターUの生死をかけた重要な戦いになるとは、皮肉である。

もし勝てば、最終的に6位へ滑り込み、逆転で欧州リーグへの出場権を得る可能性はあるが、もし負けたら、帝国は崩壊への道をたどる。20日は、マンチェスターUとモイズ監督、さらに香川にとっても、それぞれの運命を左右する大きな日曜日になる。

photo

原田 公樹
1966(昭和41)年8月27日横須賀生まれ、呉育ち。国学院大学文学部中退。週刊誌記者を経てフリーのスポーツライターとして独立し、99年に英国へ移住。ウェンブリースタジアムを望む、北ロンドンの12階のアパートメントに住んでいる。東京中日スポーツやサッカーマガジンに寄稿し、ロンドン・ジャパニーズの不動の左サイドバックでもある。 »Twitterアカウント »メールを送る

お知らせ

■13/14シーズンは放送とオンデマンド配信を合わせて全380試合お届け!
13/14 イングランド プレミアリーグ 第34節
4月12日(土) 午後10:54 ウェストブロムウィッチ vs. トッテナム J SPORTS 4
4月13日(日) 午後09:24 リヴァプール vs. マンチェスター・シティ J SPORTS 2
4月13日(日) 午後11:54 スウォンジー vs. チェルシー J SPORTS 2
4月15日(火) 深夜 03:39 アーセナル vs. ウェストハム J SPORTS 4
4月16日(水) 深夜 03:39 マンチェスター・シティ vs. サンダーランド J SPORTS 4
»詳しい放送予定はこちらから
»有料オンデマンド配信に関してはこちらから


■Facebookページ、J SPORTS × Football
プレミアリーグを中心にフットボールにまつわる名言、ジョーク、
事件簿、用語、画像などなど・・・。サッカーの面白ネタが満載!!
サッカー番組制作部、取材の裏側なども投稿中です!
»「J SPORTS × Football」はこちらから

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ