筋書きのないプロ野球を演出する寡黙な仕事人。審判員の素顔に迫る「ザ・アンパイア」。第4回は「退場を宣告した回数は1、2を争うかもしれません」と自らを語った、白井一行審判員です。

************

[写真]白井一行審判員

2000年8月8日、倉敷で行われたオリックス対ロッテの18回戦。この日、記念すべき自身初の一軍戦審判デビューを飾った当時22歳の白井一行は、「先輩の審判員たちに良いところを見せてやる」と、意気込んで試合に臨んだ。

その熱意が、思わぬトラブルを引き起こした。

「三塁塁審としてボークを宣告しました。すると故・仰木彬監督がベンチから出てきて、僕ではなく、その試合の責任審判の二塁塁審の元に歩いて行かれたんです。正直、『やってしまったか……』と思いました」。

この日が白井にとっての初ジャッジだったことを、故・仰木監督は事前に聞いていたのだろう。白井はデビュー戦にして「もうこの世界でやっていけないのではないか」と、顔面蒼白になったという。

まさに悪夢の一軍デビュー戦だった。しかし、あの長嶋茂雄氏でさえもプロ初出場の試合は4打席4三振だった。冷や汗のデビュー戦を経た白井はその後、審判界で順調に歩みを進めてきた。

高校時代、野球部の補欠だった白井は、市内の大会で塁審を務めていた。高校を卒業する時、高校野球連盟から審判のオファーを受け、審判という職業があることをはじめて意識した。当時の監督から「やるならプロを目指しなさい」という言葉を受け、プロ野球の審判を志した。

専門学校に入学した1年目の11月、白井は早くも監督の言葉に応えた。パ・リーグの審判試験を推薦で受け、合格したのだ。白井は19歳にして、プロ野球審判員となった。

2013年までの一軍戦出場数は779試合。2007年には栄えあるオールスターゲームの球審も務めた。球場全体によく響く高い声と端正なマスクが印象的で、インターネット上には白井のファンコミュニティが作られているほどだ。

もっとも「ネットは見ません」と白井。「正しいジャッジをして当たり前、間違えたらあれこれと厳しい指摘を受ける仕事ですから」。

白井が球審を務める上で心掛けているのが、ジャッジを急ぎすぎないことだという。「緊張すると、早くコールしたいという気持ちが強くなってしまう。そうすると、ボールがキャッチャーミットに収まる手前でストライク、ボールを判断してしまうんです。一流投手の変化球は、そこから変化してくる。だから、敢えてひと呼吸置いてコールするように心がけています」。

何の因果か、それとも偶然か、白井には微妙なプレーの判定が多く巡ってくる。プロの審判員としては中堅に差しかかる36歳でありながら「退場を宣告した回数は、おそらく1、2を争うかもしれません」と、自ら語った。

そのフレーズだけ聞けば、攻撃的で気性が荒い人物を想像するかもしれない。しかし、白井の人柄はまるでその逆だ。穏やかな口調と柔らかな表情からは、選手や監督たちと激しく口論する姿はとても想像できない。

プロ野球で見られる“退場”について、白井はちょっとしたタネ明かしをしてくれた。2013年5月25日、甲子園で行われた日本ハム対阪神戦。打席に立っていた阪神・浅井良選手の内角をかすめた投球に対し、球審の白井は死球を宣告した。その直後、一塁に走っていこうとする浅井が白井にほんの一瞬だけ見せた「いいんですか?」という表情から、白井はボールが当たっていないことを悟った。

三塁ベンチからは、日本ハムの栗山英樹監督が抗議に出てきた。しかし自らが一度下したジャッジは変えられない。激しい抗議と暴言を受けた白井は、栗山監督に対して退場を宣告した。

この場面について、白井はこう振り返った。

「栗山監督には、栗山監督の立場がある。あそこまで猛烈に抗議をされて、途中で引き下がっては格好がつかない。同じように審判員にも立場があって、たとえ判定を間違えたとしてもジャッジは変えられない。だから栗山監督の立場を尊重して、退場を宣告しました」。

翌日、栗山監督と会っても両者が険悪になることはなく、普段通りに挨拶を交わしたという。あの場面は、退場を覚悟で飛び出した栗山監督と、退場宣告を出さざるを得なかった審判の立場を、お互いプロフェッショナル同士、分かり合っていたのだ。抗議のシーンで「阿吽の呼吸」という表現はいささかミスマッチに聞こえるが、引くに引けない栗山監督の立場を重んじた白井が、栗山監督に退場を宣告することで、その場を収めたのだ。

春から秋まで、全国の球場を日々の仕事場にしている白井だが、プライベートでも球場に足を運ぶことがあるという。白井は自他共に認める、AKBの大ファンなのだ。「昨年はシーズン中の休みを利用して、コンサートに4回行きました。推しメンですか?大島優子です。卒業を発表しちゃいましたけどね(笑)」

心身共にタフな仕事を続ける中で、AKBのライブが何よりのリフレッシュになるという。そして驚くべきことに、AKBから得たインスピレーションを、白井は仕事にも活かしているという。「昨年は、ストライクをコールするとき指で"K"の文字を作っていたんですよ。大島優子が「チームK」のメンバーだったのがヒントなんですが、スコアブック表記では、三振は「K」と表しますから(笑)」。

◆白井 一行(しらい かずゆき)
生年月日:1977年10月3日(36歳)
経歴:兵庫県立明石高校→甲賀総合科学専門学校(中退)
現役時代のポジション:ピッチャー

photo

スポカルラボ
MLBをはじめ海外スポーツに精通した英日翻訳ライター3人による メディアコンテンツ制作ユニット。スポーツが持つ多用な魅力を独自 の切り口で表現し、人生の選択肢はたったの一つや二つではない、 多様なライフスタイルを促進することをミッションに掲げて活動中。 Facebook→スポカルラボ

お知らせ

◆J SPORTS STADIUM2014
広島カープ・中日ドラゴンズの主催試合を生中継!
≫特集ページを見る
≫詳しい放送予定を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ