ルパン近藤 [写真:ジャパンスポーツ Japan Sports]

記者島津です。誰よりもフィギュアスケート研究に没頭して来られたフィギュアスケーター、ルパン近藤こと近藤琢哉さん(慶應義塾大学四年、2014年現役引退)に男子選手紹介と観戦ポイントをお伺いしました。取り急ぎここだけは押さえましょう!続いて海外男子注目選手編です。

男子日本代表選手編はこちら

ルパン近藤
アートをスケートに取り入れたい、スケートでもアートを学びたいという現役時代を過ごす。スポーツファンが大好きなスケーティングの爽快な速さとクイックな動作(踊り)を持つスピードスター。お洒落でまごころのある『ルパン三世』は語り継がれる名演。The Chemical Brothersのロック寄りの儲かった曲ではなくブレイクビーツで滑る(=選曲の時点で偉業)。ハタチ頃に岩井俊二の少年少女像に傾倒し、テリー・ギリアムの映画『12モンキーズ』を絶対見たい日があった。

TK: 近藤琢哉さん
PP: Pigeon Post ピジョンポスト 島津愛子

パトリック・チャン選手(23)カナダ
『羽生との総合300点の果たし合いを見逃すな!』
スケーターの誰もが認めるスケーティングの覇者(K-1に出始めた頃のセーム・シュルトを思い出せ)

TK: パトリックとハンヤン(中国)って、結構僕の中では印象が同じなんですよ。
PP: ハンヤンも?
TK: 基本的に滑りがうまい。「一歩でどんどんスピードが上がっていく」。主には膝の曲げ伸ばしなんですけど、ジャンプのように間断なくリズムが一定で、カーブにも合わせてそれが出来ている。二人共リズムを取るのがうまいです。逆に、スケーティングがうまい分単調になりがちなんで、そこをどういう風に構成して「魅せる」プログラムにしているか、というのが見どころですね。
PP: 一定の調子にどう変化を付けるか、と。
TK: 最初から最後まで同じ調子で滑り続けられるんですけども、それがかえって抑揚がなく見えてしまうこともあるので。

TK: パトリックはトリプルアクセルが苦手で、前は結構ミスってるイメージだったんですけど、年々その課題を強化してきましたね。やっぱり、隙が年々なくなっている。ただ、ジャンプの確率はゆづ(羽生結弦選手)が上だと思うんで、ジャンプの正確さでパトリックにどれだけ迫れるか、っていうのが今回のゆづの戦いの見どころですし、パトリックはもしかすると失敗するかも、というのも感じてますね。
PP: パトリックは「Yuzuruは弾けたスケートをする☆」って評価していますので、その辺りも脅威でしょうね。だがしかし!パトリック自身は、カナダ選手権(1月)で「トリプルアクセルも四回転も競技人生で一番安定している」と胸を張っていましたよ!
TK: (笑)おもしろくなりますね。

エフゲニー・プルシェンコ選手(31)ロシア
『この期に及んで進化した絶対王者』
アスリート・表現者として背負っているものが神々しい、人呼んで「宇宙人」

TK: プルシェンコは……(団体戦の演技を終えて)びっくりしましたね!!!
PP: (笑)しましたねー。今回の五輪も四回転とカリスマを携えて帰って来ましたね。
TK: まずね、まず!ソチで(団体戦と個人戦で)4回滑るっていうのがびっくりですよね!!
PP: それには秘話があるんです!ISU(世界スケート連盟)が、去る12月9日、代表選考のロシア選手権の前に五輪団体戦の規定集を出して。その頃「プルシェンコは個人戦にだけ出て団体戦には出ない」みたいな報道があったんです。その規定集はそれに対してのアンサーなのか、「(ロシアのように)代表が1人であれば個人戦も団体戦もその選手が出なくてはならない」って。もう大事なことだから2回書いてたり、怪我による選手交代の取り扱いについて明文化していたり。私は、「これはISU君からのメッセージだ」と思って!「プル君へ:団体戦と個人戦、どっちも出ないと演技構成点出せないよ。ソチで待ってる。ISUより」みたいな。
TK: (笑)そうだったんですね。
PP: でも、そのISU君のメッセージはプル君に届かず!ロシア選手権でマキシム・コフトゥンに破れたプル君が「個人戦はコフトゥンに譲って団体戦だけ出る」とか斜め上のこと言い出して。私は、「あーあ。プル君にISU君のメッセージ届いてないや……」と。でもそれは出来ない相談なので、ロシアがプルシェンコをソチ五輪に出すためには、代表をプルシェンコにせざるを得ないだろうな、と思っていましたよ(後日テストスケートを経て代表が決まる)。そういう一悶着があったんです!
TK: (笑)なるほど。

TK: 正直、ちょっとフリーのほうは(体力的に)きてましたけど、あの四回転(ショートとフリーで2回決めた)もそうですし……ちょっと、信じられないです。『絶対王者』っていう風格がありましたね。
PP: オーラが。
TK: 『絶対王者』って言って一番しっくりくるのはプルシェンコですよね。ただ、ちょっと感じたのが、ソルトレイク、トリノと昔から見てきていて、ジャンプの軸が結構ブレる(空中で回転が不安定になる)ようになりましたよね。
PP: あー、でも、どうにかして降りて来ますよね!
TK: そうなんですけど、昔のほうが「シュルッ」とシンプルに回ってたな、というのはすこし感じましたね。
PP: ジャンプがキレイに回る、っていうのは、いろんな条件がハマった時なんですね。
TK: 逆に、(成功する条件が揃わない)今のでも降りて来られる、っていうのは、ズレへの許容範囲が広くなったのかもしれないです。
TK: プログラムは、休んでるところは休んでるな、という(笑)でも、トリノ優勝の時は昔の採点方式(6.0システム)のやり方で新採点になってもやってたって感じなんですけど、今回に関しては抜本的に今のルールに合わせてしっかりやってる、っていう。
PP: 「加点」を狙う。
TK: ハイ。ここに来て「一からやり直した」というのはすごく感じます。そういう意識改革みたいなのがあったのかな、と。今までは四回転の凄みで点を取ってたけど、今はそれだけじゃない。ここに来て「さらに進化してた」っていう話です(笑)
PP: 進化!?
TK: 特にスピンですね。元々そこまで得意でもなかったので。

ハビエル・フェルナンデス選手(22)スペイン
『天才的なおもしろ系』
技術面・表現面で整った完全無欠のスケーター
2種類の四回転と役者肌を併せ持つ

TK: フェルナンデスの見どころは圧倒的にジャンプ。結構(フォームに)クセがあると言えばあるんですけど、ルッツ(アクセルの次に難しいジャンプ)とか特に。でも、回転への入り方が非常にうまい。滑らかに無駄なく入っていける、という。(四回転)サルコウとか、ほんと簡単に飛んじゃいますもんね。
TK: プログラムは、一味違うおもしろいのやってきて、そこがおもしろいですよね(笑)
PP: そう、昨シーズンまでの印象を持って、今シーズンの破壊的におもしろいショートを見てると、「あれ、コレ本人気に入ってるのかな、破天荒な衣装も含めて?」とか思ってたんですけど(笑)イヤなんだけど優しいから断らないっていうのだったら哀しいなって。でもだんだん、本人が気に入ってやってることが分かってなによりです!
TK: (笑)ハイ!演技が「おもしろ系」だと足元がおぼつかないんじゃないか、って思うんですけど、実はかなりどっしり滑ってるんですよね。
PP: 体重が乗ってる、って感じですかね?
TK: そうですね、どっしり、って言うか「ぺたぺた」に近い。「氷と靴(エッジ)が離れない」というのが良いスケーティングと言われてるんですけど。
PP: 安定してエッジに乗っている、という?
TK: そうですね!上体の踊りだけじゃなくて、そこもフェルナンデスはうまいですね。
PP: ……やっぱり、フェルナンデスはトータル、「技術面芸術面で整ってる」んだ!
TK: そうです!健人(中村健人選手)がカナダで一緒に練習をしていたので、よく話を聞いてたんですけど、「天才だ!」って言ってましたね。
PP: 感覚的にコツ掴んじゃう、と。
TK: そういう感じですね。
PP: 他のスポーツでも、ラテン系はそういう選手が多いですね。

ジェレミー・アボット選手(28)アメリカ
『めちゃくちゃうまい、繊細なスケーティング』
長い手足、踊り心、四回転を備えた万能スケーター

TK: 全米で見て……感動しましたねー。
PP: しましたねー(ジャンプの不振にあえいだ数シーズンを乗り切り、代表選考となる1月の全米選手権のショートとフリーで四回転を決めた)。
TK: これまで「どっちに転ぶか分かんない」っていう印象が強かったんで、アボットも「オリンピックに合わせてきてるな」とすごく感じましたね。かなり四回転の確率も上がってるんじゃないかな、と。

PP: アボットのスケーティング、いいなぁと、素人は漠然と思うわけなんですけど(笑)
TK: もう、めちゃくちゃうまいです!(笑)
PP: どこが良いと思われますか?
TK: とにかく丁寧です!氷に対してエッジを丁寧に置くし、丁寧に滑らせる。繊細な作業を繰り返して出来るスケーティング、っていう感じです。
フリーの『エクソジェネシス』のステップは、ゆっくりステップを見せる。今の時代の「(技の)詰め込み型」で細かくステップを踏むという主流の中で、そういう選手はあまりいないんですよ。よっぽどスケーティングに自信がないと出来ないことですし。
PP: 技術を見せつけてるんですね。ゆっくり動くほうが力が要りますし。
TK: 休んでる、とも取られがちですけど、露骨に休んだら点も出ないですし、プログラムとしてもレベルの低いものになっちゃうんで。そこをあえてああいうゆっくりなステップをやってくる、っていうのは、よっぽど自信がないと!
TK: 僕、結構アボット好きなんで、「どうなるかな」っていうのは気になりますね。

ブライアン・ジュベール選手(29)フランス
『孤高の四回転サイボーグ』
武骨さと愚直さと真摯さと

TK: ジュベールは、やっぱり四回転だと思いますよ(笑)
PP: (笑)そりゃあ、ねー!四回転の猛者ですよね(三回転ジャンパーの最高到達点と四回転ジャンパーの最高到達点が拮抗した時代に、独り四回転をやり続けた、という武勇伝すぎる逸話を持つ)。
TK: 武骨で。逆に器用なことは苦手なのかもしれないですけど、それを補って余りある位の男らしさが魅力ですし、そこを貫いてるのがいいんじゃないんですかね。
PP: ヴァンダレイ・シウバの入場曲(Darudeの『Sandstorm』)でマッチョまるだしのエキシビション滑って、大胸筋「ダァーーーンッ」と見せつけたりして、男性が一番アツくなるタイプの選手でしょうね。
TK: そうですね、分かりやすいですよね!「(ジャンプを)飛ぶか降りるか」!
PP: (笑)ジュベールの男気ジャンプ、「シャッ」って感じの回転がすごいカッコイイんですけど、トップアスリートのフォームとしては力みまくってますよね(笑)
TK: (笑)あれだけ力を入れて飛ぶジャンプを、フリー(計8回のジャンプ)で最後まで続けるというのは並大抵のパワーじゃないし。トレーニングをすごいしてるんだな、っていうことが分かりますよ。あの体見た瞬間、そう思うんですけど!(笑)ほんとに努力家だと思いますね。

ケヴィン・レイノルズ選手(23)カナダ
『不思議な四回転』
異次元のジャンプ構成とパンクっぽい髪型のオシャレコラボ

TK: 団体戦のフリー、良かったですね!
PP: 四回転も3回入って!
TK: ほんっとに、「四回転まわってるのかな?」っていう風にいっつも思うんですけど、キッチリ回ってるんですよね。
PP: 四回転のローテーション(回転)、って感じがないのですか?
TK: いやもう、速過ぎて。あまりにも簡単に飛ぶし。ちょっともうあれは、「不思議」です。
PP: 不思議?
TK: だって、高さがあるかと言えばそこまでないし、回転はすごい速いですけど、ジュベールみたいに力が入ってるかと言えば全然入ってないですし。どうしてあんなに速く回れるんだろう、と。レイノルズがジュニアの頃って、「レイノルズは四回転出来るけど滑りはだめなんだよ」みたいなことを言われていたんですけど、でも今見てそういう印象ってまったくないですし、四回転だけじゃなくて、スケーティングを年々パワーアップさせてきている、っていうのは感じてましたね。レイノルズはエマニュエル・サンデュ(カナダ)と同じジョアン・マクラウド先生だと思うんですけど、それがスケーティングの向上の理由の一つではあるんじゃないかな、と。サンデュはすごくスケーティングがうまいですからね。
PP: どの辺りがうまくなりましたか?
TK: まず「一歩が伸びる」。それから、上体でいろいろ動作をやってても、足元がグラついたり、止まらない、とか。上体が踊るようになると足が全然滑ってない、ってことがあるんですけど。足が「お留守」になることがなくなりましたね。

PP: カナダ選手権では、スケート人生通しての問題で、「踵が細いから、合う靴がない」、「この構成をこなせる相方(靴)を探すのがすごく大変」とのことでした。
TK: 靴が合わないと、なかなかシーズンを思うように運べませんからね。でも、あの団体戦フリーを見た限り、今の状態は良くなってると思いますね。
PP: 昨季の大阪の四大陸選手権の優勝後、「僕はやれると今なら言える」と。何にも代え難い『自信』を手にしているそうです!

ハン・ヤン選手(17)中国
『幅がハンパないジャンプ』
パトリック・チャンっぽい

PP: パトリック・チャン選手と同じ印象があるというハンヤン選手ですが、ジャンプも評価が高いですよね。
TK: ジャンプはうまいです!「幅」がハンパじゃないです。
PP: 「高さ」はないんですか?
TK: 高さもあります。【高さがあるジャンプに(助走で)スピードがつくと幅になる】んですよ。
PP: ……仕組みが分かったー!
TK: (笑)ハイ!ハンヤンに関しては、滑りがめちゃくちゃうまくてスピードがあるからあの幅が生まれる、と。それがハンヤンのジャンプの凄さですね。

トマシュ・ベルネル選手(27)チェコ
『器用なショウマン』

TK: ベルネルは昨シーズン位まで低迷してて、「このまま引退してしまうのかな?」という時期があったんですけど、去年位から盛り返して調子上げてきましたので、オリンピックにもしかしたら合うかもしれない、とひそかに感じてます。魅力は、「さらっと凄いことをやってしまう」。四回転にしてもそんなに構えず「ヒュッ」と飛んでしまいますし。ステップでもそうなんですけど、「小技」をやってくるんですよ!簡単に「キュッ」と止まったりとか。
PP: やりますね!
TK: あれ、実際にやってみるとすごい難しいんですよ。それを平気な顔してさらっとやっちゃうのが器用、というか。トゥ(爪先)でなかなか、あそこまでカッチリ止まれないですよ。
PP: 器用さを踊りに活かしてるんですね。

ミハル・ブレジナ選手(23)チェコ
『2種類の四回転』

TK: ブレジナの見どころはやっぱりジャンプですね。サルコウとトゥループの2種類の四回転を飛んでくるのか・降りるのか、っていう。2種類の四回転、というのは、今の四回転時代の中でもそう多くないので、気になるところですね。

フローラン・アモディオ選手(23)フランス
『曲者(※スケーティングがうまい)』
アミーゴ感満載

TK: フランスというのは、アルバン・プレオベールだったり、もっと前で言えばフィリップ・キャンデロロとか、「曲者」を出す国なんですよ!
PP: (笑)曲者の歴史が?
TK: アモディオもその系譜に違わず、かなりの曲者だと思うんですけど。とにかく踊って盛り上げる、っていうのはパッと見て分かるんですけど、それ以上にスケーティングがうまいんですよね。「全然滑ってない、踊ってるだけじゃん」とかネットで書かれてたりしますが、ぜんっぜん、そんなことないんですよ!
PP: (笑)今こそ言ってやって下さい!
TK: ツイズルターンとか、ほんっとにうまく正確にやるんですね。
PP: なんか、足元のコツ掴んでる感じですかね。
TK: そういう感じ。踊りとスケーティングを一体化して滑らせることが出来る。
PP: ブラジル生まれということもあり、ほんとにブラジルっぽい、球技の得意な感じで。

デニス・テン選手(20)カザフスタン
『気合いの入った踊り』
氷上のウサイン・ボルト達のジャンプの助走に着眼せよ

TK: テンは……世界選手権で銀メダルを取った昨シーズン、映画『アーティスト』の曲使ってましたよね。あれはすごかったですよ。
PP: ショートとフリーが前後編になっていましたね。アタラシイ。
TK: あれで、殻を破った、みたいなところありましたよね。テンに関しては、四回転も見どころですし、ステップがパワフルですよね。体は大きくないんですけど、「バッ」とおっきく動かしますし、なによりすごい「気合い」が入っている、っていうか!
PP: 踊りが迫真ですよね!ちっちゃい時からああいう感じでしたよね、踊りが大きい。
TK: あれはほんとに、印象が良いですよ。
PP: でも、テンは今大会はしんどいんですよ。四大陸(1月)では、怪我でルッツが入れられなくて、今季だけで5足靴を変えた、って。
TK: えー。
PP: 「今シーズンは、オリンピックに出られることだけが救い」って。
TK: 辛いシーズンを送って…皆靴には泣いてるんですね。

TK: テンのジャンプは、決まると本当にキレイですよね。結構、ロシアの人の飛び方って、(助走から体が)回ってるものを締めて回転をつける、というもので。
PP: 慣性を利用してるんですね!…じゃあ、一概に、まっすぐ(ジャンプに)入らなきゃいけない、とかいうことでもないんですね。
TK: じゃないです、じゃないです!地域によって指導法が分かれると思うんですよね。
PP: 日本はもう、まっすぐ入りますね。
TK: ロシアはもう逆に、回って回って(体を)締める、みたいな。
PP: それ、どっち派か、ってジャンプを見たらおもしろいですよ!!!
TK: (笑)先生から次の先生に伝承する、ということでその地域にその指導法が伝わると思うんですよ。
PP: 流派みたいな。……今回、助走が(弧のように)まるいか・まっすぐか、先生の先生は誰か、っていうのに着眼します!

ジェイソン・ブラウン選手(19)アメリカ
『三回転ジャンパーの最高到達点をこっそり押し上げるか』
ダンサーがフィギュアスケートをしている感じで、踊りの技量は群を抜く

PP: 【日頃フィギュアスケートを見ないスポーツファンがソチ五輪フィギュアスケートで心底盛り上がるための一夜漬け事項】のほうでもお伝えしていますけど、私はブラウンが「三回転ジャンパーの最高到達点」(257.67)をこっそり上げるんじゃないかと楽しみにしてるんです!
TK: (笑)加点の塊で。あの踊りだったりクオリティーを最初から最後まで保つというのは、すごいですよね。
PP: 持久力がある、と。
TK: でもブラウンに関しては、勝負を考えた時に「絶対にミスが許されない」という難しさはありますよね。
PP: トリプルアクセルまで(の構成)だけに。
TK: でも、その限界への挑戦に興味がありますよね!
PP: 琢哉さんも?
TK: ハイ!(笑)
PP: (笑)じゃあ、これはもう、本当に今大会の見どころですね!

リアム・フィルス選手(21)カナダ
『パトリック・チャンのそっくりさん』
アート青年のセンス

PP: 「パトリックの完コピでは?」とお送りした2014年カナダ選手権の動画、御覧になりました?
TK: びっくりしましたよ!同じですよ!!(笑)
PP: そうでしょう!!!
TK: ジャンプ、スケーティング、全部言われた通り、「完コピ」。……でも、これでジャンプ決まったら、パトリックと同じ位(演技構成点が)出る、ってことなんですかね?
PP: いや、点は出てないんですよ、そこまで。
TK: 「安定感」が出たら、点の出方って変わると思うんですよね。
TK: 今まで知らなかったから、ほんとびっくりしました。
PP: 前に、アルトゥール・ガチンスキー(ロシア)がプルシェンコに似てる、って言われてましたけど。
TK: レベルが違う。「似てる」っていうか「同じ」です(笑)パトリックと同じ演技をしたらどうなるんですかね(笑)、っていうくだらない妄想が。
PP: (笑)でも、リアムは Of Monsters and Men(アイスランドのバンド)の『Dirty Paws』っていう、どインディーズの曲でエキシビション滑るんですよ!!!
TK: (笑)
PP: もちろん近藤琢哉選手にも同じ思いを抱いたんですけど、「毎日練習頑張ってるのに、いつそんなマイナー音楽に出会ったんだ?」っていうね!「なぜそこまで(パトリックに)似せた?」っていうのと「なぜそのどインディーズソングで滑るんだ?」っていうので、カナダ選手権以来、リアムに夢中で(笑)
TK: 変わり者なんですかね(笑)
PP: 『Dirty Paws』の詩も、洋楽のインディーズに多い、叙事詩に情景が込められているような寓話で。日本のロックは全部教科書に載るような道徳的な感じですけれど、その詩は刹那と不条理で、そんな深い闇にアスリートが染まっていいのか、と(笑)
TK: (笑)今回出るんですね?
PP: 出るんです!リアムが3位、エラッジ・バルデが4位になって。エラッジと練習仲間のパトリックはそれが哀しくて、「エラッジと五輪に行くために3枠取ろうと、世界選手権で頑張ったのに。今心が折れました」って。
TK: 男の友情を感じますね。
PP: 「もうだめだ……」って。
TK: (笑)
PP: でも、すぐ立ち直るのが西洋人なんですけど(笑)

日頃フィギュアスケートを見ないスポーツファンがソチ五輪フィギュアスケートで心底盛り上がるための一夜漬け事項】に近藤さんから一言

TK: ジャンプに目が行きがちですけど、どれだけステップが細かいかとか、スピードが出てるかとか、そこもまた演技の差だと思うんですよ。スピードについて考えると、スケーティングがうまいからスピードも出るわけです。ファーストインプレッションで「わぁー、なんかこの人スゴイな!」と思ったら、足元に注目すると男女共にもっとおもしろく見られると思います。

解説: 近藤琢哉 Takuya Kondoh
テキスト: Aiko Shimazu 島津愛子

photo

Pigeon Post ピジョンポスト
フィギュアスケーターの"声" "今"を届ける記者チーム(Pigeon Post HP)。
日本チームを中心に、世界のフィギュアスケートを特集する日本語英語のバイリンガルサイトで、インタビュー・リポートを掲載。Twitterをポータルとして、新しい記事の紹介やニュース、イベントのリポートまで、ワンストップで伝える。FacebookもTwitterと連携させている。

お知らせ

◆ISU世界ジュニアフィギュアスケート選手権2014
3月21日 (金) 〜23日(日)エキシビジョンまで全種目放送!
★特集ページはこちら ★放送予定一覧こちら

◆ISU世界フィギュアスケート選手権2014 日本・さいたま
男女シングルはじめ、ペア、アイスダンス、エキシビションまで全種目・全滑走放送。選手インタビュー&プレスカンファレンスの模様も放送。
★特集ページはこちら ★放送予定一覧こちら
スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ