[写真]このヨーロピアンナイトで香川は初めてモイズ監督をうならせた

この水曜日の夜は、今後、香川真司のサッカー人生を語る上で、もしかしたらターニングポイントになるかもしれない。頑固オヤジの考えを変えさせた可能性があるからだ。マンチェスター・ユナイテッドのデービット・モイズ監督のことである。後半は香川へ左MFから「中へ入っていけ」と指示し、さらに終盤の10分間は、初めて彼自身が最も得意とするトップ下のMFとして、プレーさせた事実が、それを物語っている。

10月23日、ホームで行われた欧州チャンピオンズリーグの1次リーグ第3戦で、マンチェスターUは1−0でレアル・ソシエダード(スペイン)に勝利した。香川は9月28日のリーグ戦、ウェストブロミッジ戦以来、公式戦4戦ぶりに先発。エースのフェンペルシを休ませ、チチャリートことエルナンデスとルーニーが2トップで、香川のポジションは左MFだった。

試合は開始1分10秒で相手DFのオウンゴールで先制。前半7分には香川は左クロスを放り込み、これに合わせてゴール前へチチャリートが突進したが、DFに倒されてしまった。PKかと思われたが、笛はならなかった。前半の香川の出来は、それほど悪くはなかったが、シュートはゼロ。安全にプレーし過ぎた印象だった。

このままだと途中交代だろう、と思って迎えた後半、香川は見違えるようだった。ハーフタイムにモイズ監督から、「もっと中へ入って行け」と指示されたという。前半から相手DFラインの前にスペースがあったが、これを生かしきれていなかったからだろう。そこをつけ、というのだ。

54分にピンポイントの左クロスで上げ、これをジョーンズがヘッド。ゴールにはならなかったが、これを皮切りにルーニーへのスルーパス、チチャリートへのロングパス、相手のプレッシャーをかいくぐるようにボールをキープしながらターン。ゴール前の狭いエリアへ入るプレーを連発し、シュートも放った。

このプレーを見て、モイズ監督は動いた。終盤の10分間は、香川を初めてトップ下のMFとして起用。ルーニーに鋭いスルーパス、次いでクロス、さらに自らもシュートを放った。いずれもゴールにはならなかったが、残り10分間、香川は本当に輝いていた。今季マンチェスターUに欠いていた、クリエイティブなプレーをもたらした。

試合後、指揮官は記者会見で香川をベタ褒めした。
「今日のシンジは、私がここに来て以来、ベストのパフォーマンスを見せた。まだ本領発揮とはいかないが、今日のシンジは今までの試合で見せていなかったものを見せた。本当に喜ばしい」

「ボールのないところの動きがすばらしかった。シンジついては、誰もがその能力を私に語ってくれるが、今日初めて私は本当のシンジを見た」

「ナンバー10のポジション(トップ下のMF)でプレーさせたが、ウェイン(ルーニー)との関係がよかった。彼のプレーの姿勢とエネルギーはすばらしかった。大いに喜ばしい」

これまで香川はいい選手で、ベストポジションはトップ下のMFと聞かされていたが、信じていなかった。だから日本代表でのポジションでもある、左MFとして起用したが、今日初めて香川のよさが分かった、と認めたのだ。

香川本人は「結果が欲しかったんでちょっと悔しいですけど」、「やっぱり結果がついてこないといけない。本当に悔しい。次に向けてしっかり準備したいと思います」と言葉だけを聞くと、決して満足がいく様子ではなかった。しかし表情は柔らかく、多少の手ごたえも感じている様子だった。

さらに喜ばしい光景があった。ミックスゾーンと呼ばれる取材エリアで、報道陣に囲まれる香川に対して、ルーニーらチームメートが次々を体当たりしたり、耳を摘んだりして通って行ったのだ。15年以上、マンチェスターUを取材しているが、こんな光景はほとんど見たことがない。香川はチームメートからも、この夜のプレーぶりを祝福されたのだ。

いまマンチェスターUが欠いている創造性をシンジは作り出してくれる。という共通認識を期待感が、チームに浸透した、ということだろう。次の試合では、もっとパスが回ってくるだろうし、香川を生かす動きやプレーも見られるはずだ。

次戦は26日にホームでリーグ戦のストーク戦、29日にはホームでリーグカップのノーリッジ戦。過密日程だが、どちらかには出場するだろう。どのポジションでどんなプレーをするか。本領発揮した、もっとすごい香川が見たい。

photo

原田 公樹
1966(昭和41)年8月27日横須賀生まれ、呉育ち。国学院大学文学部中退。週刊誌記者を経てフリーのスポーツライターとして独立し、99年に英国へ移住。ウェンブリースタジアムを望む、北ロンドンの12階のアパートメントに住んでいる。東京中日スポーツやサッカーマガジンに寄稿し、ロンドン・ジャパニーズの不動の左サイドバックでもある。 »Twitterアカウント »メールを送る

お知らせ

■13/14 イングランド プレミアリーグ 放送予定■
10月26日(土)午後08:39 J SPORTS 2  生放送 第9節-3 クリスタル・パレス vs. アーセナル
10月26日(土)午後10:54 J SPORTS 4  生放送 第9節-2 リヴァプール vs. ウェストブロムウィッチ
10月26日(土)午後10:54 J SPORTS 2  生放送 第9節-4 マンチェスター・ユナイテッド vs. ストーク
10月27日(日)午後10:24 J SPORTS 2  生放送 第9節-6 サンダーランド vs. ニューカッスル
10月27日(日)深夜 00:54 J SPORTS 4  生放送 第9節-1 トッテナム vs. ハル
10月27日(日)深夜 00:54 J SPORTS 2  生放送 第9節-5 チェルシー vs. マンチェスター・シティ

»J SPORTSイングランド プレミアリーグ詳しい放送予定はこちらから

»有料オンデマンド配信に関してはこちらから


■Facebookページ、J SPORTS × Football
プレミアリーグを中心にフットボールにまつわる名言、ジョーク、
事件簿、用語、画像などなど・・・。サッカーの面白ネタが満載!!
サッカー番組制作部、取材の裏側なども投稿中です!
»「J SPORTS × Football」はこちらから

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ