香川真司はスタンドからチームメートたちの試合を食い入るように見ていた。終盤、ベンチ入りしなかった選手らが、引き上げても一人残って、じっとピッチを見ていたのである。何を見ていたのだろう。終盤に選手交代があったから、その変化を見たかったのかもしれない。いずれにしても、かなり熱心だった。

26日、イングランド・リーグカップ3回戦で、マンチェスター・ユナイテッドはホームでニューカッスルに2-1で競り勝ち、16強で戦う4回戦へ勝ち上がった。香川はファンペルシーら主力とともにベンチ入りせず、スタンドから観戦したのだ。香川に代わってケガから復帰したルーニーが、トップ下のMFとしてプレー。はからずもファーガソン監督は、香川がマンチェスター・ユナイテッドのレギュラー格に据えていることが明らかになったのだ。

“代役”のルーニーは中央真ん中から、上手く左右へボールを振り分け、いいプレーは見せるが、ほとんどボール中央の狭いエリアへは入って行かない。だからそれほど怖くないのだ。もちろんルーニーだから一発がある。ニューカッスルの守備陣も警戒は怠らなかったが、明らかに香川がトップ下に入ったときとは違う。フォーメーションも4-4-2のようだが、攻撃陣が流動的にポジションを変えるため、どこかチグハグだった。

試合後、ファーガソン監督は「ルーニーはすばらしかった。疲れていたが、彼の復帰を喜ばしく思う」と褒めた。だが実際の出来はいまひとつ。香川のように、もっとゴール前の狭いエリアへボールを持ち込んだり、また縦パスを受けたりすればニューカッスルに対して脅威になったのだろうが、そうはしなかった。いや出来なかったのかもしれない。あれは香川にしか、出来ない芸当なのか。とにかく香川は欠場したことで、逆に存在感が際立つ形となった。

これで29日のトットナム戦には、香川はファンペルシーらとともに先発に戻ってくるはずだ。試合終了直前のぎりぎりまで観戦した、その成果が、どのようなプレーに現れるか注目したい。

photo

原田 公樹
1966(昭和41)年8月27日横須賀生まれ、呉育ち。国学院大学文学部中退。週刊誌記者を経てフリーのスポーツライターとして独立し、99年に英国へ移住。ウェンブリースタジアムを望む、北ロンドンの12階のアパートメントに住んでいる。東京中日スポーツやサッカーマガジンに寄稿し、ロンドン・ジャパニーズの不動の左サイドバックでもある。 »Twitterアカウント »メールを送る

お知らせ

香川真司の挑戦をJ SPORTSで!

イングランド プレミアリーグ 第6節-4 マンチェスター・ユナイテッド vs. トッテナム放送予定
9月29日(土)25:24〜 J SPORTS 4
»プレミアリーグ放送予定は特集サイトにて

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ