J2第5節、水戸ホーリーホックと松本山雅FCの試合を見てきた。今シーズンからJ2に昇格した松本山雅は前節まで1勝3敗と、苦しいスタートを切った。彼らの試合を見るのは開幕節で東京ヴェルディに0−2で敗れた試合以来である。第3節にギラヴァンツ北九州相手に1−0の初勝利を記録したものの、第4節では愛媛FCに0−3と完敗を喫する、出入りの激しい結果を残してきたのだ。

僕にとっては、生で観戦するのは開幕戦以来だ。松本山雅はずっと3バックで戦っているが、開幕戦では東京V相手にいきなり両サイドから仕掛けて前半には押し込む時間帯も作ったものの、最終ラインの3人は相手FWをマークするのに精一杯で両サイドが攻めに出た後ろをカバーできず、結局両サイドの負担が大きすぎて前半のうちに運動量が落ち、後半はそのサイドから崩されての完敗だった。

はっきり言って「松本山雅の3バックは理想を追いすぎて無理をしている」というのが印象だった。

だが、東京V戦と水戸戦では並びは同じでも、東京V戦の両サイドのメンバーは入れ変わっていたし、やり方も変わっていた。水戸戦では両サイドは基本的には守りに徹していた。いや、両サイドだけではなく、前節に3失点の完敗を喫した後ということもあってか、3人のDFと両サイド、さらにボランチ2人も専守防衛。まさにリアリズムに徹したサッカーとなっており、水戸の柱谷哲二監督が「あんなにリトリートして守られたのは、水戸にとって初めての経験」と苦笑いするような展開だった。

水戸はトップに鈴木隆行を置き、ここにボールを預ける。かつての日本代表FWは、このレベルでプレーすれば、ボールテクニックが一枚上で、しかも90分を通じて運動量も落ちない。そこに、テクニシャンの橋本晃司やサイドの島田祐輝が絡んで、個人技を生かして松本の守備にプレッシャーをかけ続けた。松本の守備陣としては、意図的にリトリートしたというよりも、力関係から下がらざるを得ないような展開だったのかもしれない。

だが、水戸の攻撃陣はまだまだコンビネーション的には不十分。個の力がうまくかみ合わないことも多く、3人の最終ライン(飯田真輝−飯尾和也−多々良敦斗=この3人は、第5節まで全試合フル出場の不動のメンバー)にボランチ、両サイドを含めた松本山雅の守備をなかなか完全には崩せない。そんな状態が続いた。

しかし、いずれにしても、シュート数で水戸が11本、松本が6本と、水戸が攻めて、松本が守る展開が続いたのは事実。しかも、松本は7人がベタ引きなのだ。シュート数の差以上に一方的な展開だった。だが、それでいて絶えず緊張感をはらむ試合になったところが、僕には面白かった。

その原因は、松本山雅がそれだけ引いて守っていたのに、前線の3人(中央に片山真人、左に弦巻健人、右に船山貴之)を前線に残していたことだ。だが、7人がリトリートして守り、3人が前に残っていたらどうなるか?当然、前の3人は孤立し、中盤にスペースが出来てしまう。どう考えても、あれが正しい(?)サッカーのやり方とは思えない。

前線が高い位置でプレーしたいのなら、なんとかして最終ラインを押し上げ、最終ラインと前線の間でMFがきちっとつなぎの仕事をしなければならないはず。引いて守るなら、FW陣も守備のときには、もっと戻りたい。あんな戦い方では、中盤にできたスペースを利用されて崩されてしまう……と、常識的には思えるのだ。強い相手だったら、当然、そういう展開になって大量失点していたことだろう。

だが、水戸は中盤のスペースを利用できない。それどころか、前線に残っている松本山雅の3人に脅威を感じるからか、最終ラインが下がって、こちらも中盤が間延びしてしまったのだ。言い換えれば、松本山雅が常識ではありえないように中盤にスペースを作ってしまったのに対して、水戸もそれに付き合ってしまったのだ。結果として、前半の早い時間から中盤にはかなりのスペースができたまま試合が進んだ。

この日の水戸は前夜からの雨で、ピッチは水含みでグラウンダーのパスは難しかった。もちろん、ミスはどちらのチームにも起こるのだが、それが致命的なミスになりかねないのは水戸の方だった。なにしろ、全体として相手を押し込んでいるのである。松本のゴール前には水戸の攻撃陣と松本の守備陣の多くの選手が密集を作っている。それに対して、逆サイドでは松本のFW陣と水戸のDF陣の数人が「浮いた状態」になっているのだ。

そんな時に、中盤で松本山雅がこぼれ球を拾ったらどうなるか?なにしろ、スペースがたっぷりある状態なのだ。たった1本のパスでも裏に通せれば、松本のFWが抜け出してフリーになりかねないのだ……。実際には、せっかく相手のミスを拾っても、松本山雅は1本のパスで相手の裏を衝くようなプレーができなかった。

だが、それでも前半は中盤でボールを拾って、サイドに開いてクロスを送り込むような形で松本にも何度かチャンスが訪れていた(後半は、疲労もあって、それすらできなくなってしまったのだが)。そんなわけで、一見、一方的な試合だったにもかかわらず、松本にもいつでも決定的なチャンスが生まれる可能性を秘めながら90分が過ぎていく、スリリングな試合だった。

サッカーの記事ではよく「リスクを冒す」、「リスクを背負う」といった洒落た表現がなされる。だが、水戸との試合での松本のやり方は、そんなきれいな言葉よりも、「危ない橋を渡る」、「危なっかしい賭け」といった表現の方がぴったりだったかもしれない。ひとつ間違えたら(あるいは、相手がもう少しチャレンジしていれば)、中盤のあの広いスペースを利用されて大敗を喫していたかもしれないのだ。

だが、もし守備さえ持ちこたえられれば、たった1度、中盤で拾って裏のスペースに抜け出すことで1−0の勝利を手繰り寄せる可能性も秘めている。松本は、意図的だったのかどうかは分からないが、そんな戦いをした。今の戦力を考えれば、今後も当分は松本山雅が押し込まれるような試合が続くことだろう。そんな中で、たった1発裏を狙う戦いを続ける中で、チーム力を少しでも上げていくのが今シーズンの松本山雅のタスクなのだろう。

photo

後藤 健生
1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授