オーストラリアは、準決勝までの5試合で失点がわずかに1点と堅守を誇るチームだった。

その強さは、両サイドバック、右のウィルクシャー、左のカーニーにあった。彼らが、相手に簡単にクロスを入れさせないのである。そして、たまたまクロスが入っても、中央にはオグネノフスキーという高さのある選手と、キャプテンであるニールがいて、鉄壁の守りを見せる。しかも、オーストラリアの両サイドバックは積極的に前に進出して、遠めから正確なクロスを放り込んでくる。それを狙っているのが、ヘディングに強いキューウェルとケーヒルというのだから、これは要警戒である。とくに、右サイドのウィルクシャーは自ら前線にまで飛び出してくる。

日本との決勝戦でも、前半、オーストラリアが完全にリズムをつかんでいる時間には、右(日本から見て左)のウィルクシャーが高い位置に張って、狙い済ましたクロスを入れてきたので、日本はピンチの連続となってしまった。GKの川島の好守もあったが、この前半の流れで1点も失点しないですんだのは、多分に幸運でもあった。

さて、このように強いサイドバックがいた場合にどうするのか?

守備の強い選手を入れてマークさせるというのも、もちろん「あり」である。だが、こんなとき、イビチャ・オシム監督はいつも言っていたものだ。「攻撃の強い選手相手がいれば、そこから攻撃をしかけていけばいい。ロナウジーニョだって守備に回るようにすれば怖くないじゃないか」と。だが、前半の日本は、ウィルクシャーを長友が「迎え撃つ」形になってしまった。強引にドリブル突破を図ってくる相手なら長友が対応して抑えることもできるが、ウィルクシャーは早めにクロスを入れてくるので長友の守備はそれほど効果的ではない。

苦しい展開を一気に変えたのは、後半56分の選手交代だった。

ザッケローニ監督は、負傷で離脱した香川の代役として右サイドに入った藤本(岡崎が左に回った)に代えてDFの岩政を投入し、センターバックだった今野を左サイドバックにして、サイドバックだった長友を1列前に入れた(岡崎は左サイドに回る)。システムは4−2−3−1のままでポジションを動かしていったのだ。じつは、この交代より5分前に、ザッケローニ監督はやはり藤本を退け、岩政を入れる準備を整えていた。だが、ザッケローニ監督はこの交代を一旦中止して、DFの今野となにやらやり取りを始めた。最初は、今野が故障して、交代を中止したのかと思っていたが、そうでもない様子だった。

試合後の記者会見でザッケローニ監督が明らかにしたところによると、最初は今野をボランチに上げて遠藤と長谷部のポジションを上げる(つまり、4−3−3に変更)つもりだったらしい。だが、「今野がこのポジション変更に同意しなかった」というのだ。交代にあたって選手の意思を確かめて、それを尊重するところ。そして、それを記者会見で質問されるとそのまま語ってしまうところがザッケローニ監督らしいところだ。

そこで、ザッケローニ監督はプランを変更して、今野をサイドバックにして長友を1列上げる交代を選択した。システムは、4−2−3−1のままだ。交代を考えた理由は、右サイドの藤本がチームにフィットしていなかったこと。中盤での推進力が足りないと判断したことだった。長友を前に上げれば、彼の突破力を生かすことができる。これは、所属チームのチェゼーナの試合でもよく見かける光景である。いずれにしても、前半からパスの回りが遅く、なかなか相手ペナルティーエリア内にボールを運べない展開をなんとか打開しようという交代だった。

3バック(3−4−3)にする選択もあっただろう。だが、ザッケローニ監督はDFを増やすことで精神的に守りに入ってしまうことが嫌だったとも、試合後に語っている。交代で混乱が生じたこと、また、選手たちがメンタル的に慣れていないので、3バックがまだ使えないこと。このへんは、まだまだ、チームが「ベース作り」の段階であることを示している。ザッケローニ監督は、アジアカップの6試合、負傷や出場停止を除いて、先発メンバーは変えないで戦ってきた。しかも、出場停止の選手が戻ってくると、元に戻した。それも、このチームが、まだ「ベース作り」の段階であるからだ。

話を元に戻そう。56分の交代は、結果として成功をおさめた。

長友は、前の攻撃的なポジションに入ることで、それまで以上に積極的に相手陣内深くまで攻め上がるようになった。もちろん、それはちょうどウィルクシャーがいるポジションだった。これで、ウィルクシャーは攻め上がれなくなってしまった(ウィルクシャーは、オシム監督の言う「ロナウジーニョ」になったのだ)。しかも、前半は前から飛ばしていたオーストラリアは、時間が経過していくとともに動きが落ちてくる。どちらも、中3日で(オーストラリアは中2日が1回)での6試合目。ともに延長戦が1試合という状況で、疲れているのはお互い様である。オーストラリアは準決勝で楽な試合をしているが、平均年齢は日本よりはるかに高い。

そんな相手が疲れてくる時間帯の交代だっただけに、さらに交代は効果的だった。

こうして、前のポジションに入った長友からのクロスで最初の大きなチャンスが生まれたのは、ポジション変更から10分後のことだった。長友が左からドリブルで突破して上げたクロスに、岡崎がダイビングヘッドで合わせたが、シュートはポストの脇をかすめた。延長後半の決勝ゴールもほとんど同じような形だった。遠藤が、前のスペースに流し込んだボールを受けた長友がDFのタックルをかわして突破。そして、高いクロスを、待ち構えていた李忠成が、軽くジャンプし、体を倒しながら、見事に叩いて決めた。左から来たクロスを左足で叩いたのだから難しいシュートだったが、李のシュートの技術が輝いた。

ミスから招いた失点で、苦しい試合の連続となった今回のアジアカップ。そんな中でも、焦ることなく、落ち着いて、粘り強く戦って、1戦1戦をものにして、とうとう優勝してしまった日本代表。「勝者のメンタリティ」というものが感じられた。なにしろ、アジアカップ優勝は4回目。過去6大会のうち4回優勝というチームなのだ。

photo

後藤 健生
1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授