これは、運命のいたずらなのか。

2002年5月11日、アンディ・サワーは世界トーナメントとしては第1回大会となるK-1 WORLD MAX2002にオランダ代表として出場する予定だった。だが、ケガのため日本行きをキャンセル。アンディの代打として出場を果たしたアルバート・クラウスが初優勝を果たしている。

チャンスを逸したサワーは、その2カ月後にワールドシュートボクシング主催の『S-cup2002』に初来日。弱冠19歳で全く無名の存在だったが、無類の強さを見せつけて優勝した。

その後のサワーの活躍はいわずもがな。初来日がシュートボクシングでなかったら、彼の運命がどうなっていたのかと考えるのは愚問だろう。元同門のアルバート・クラウスとはその後2度闘って1勝1敗ながら、選手としての評価はサワーの方が遥かに高い。

それもそのはずS-cupでは通算3度、K-1 WORLD MAXでは通算2度優勝を果たしている。70キロ級戦線で、これだけの実績を残している選手を私は知らない。いまやサワーの活動の拠点は日本といっても過言ではないが、オランダやヨーロッパでのファイトを忘れたわけではない。09年大晦日、魔裟斗の引退試合を務めた1カ月後には隻眼ファイターのファディル・シャバリと激突。判定勝ちを収めている。

09年5月にはIT'S SHOWTIMEのアムステルダムアリーナ大会にも参戦。IT'S SHOWTIMEにレギュラー参戦中のシャヒッドを判定で下している。さらに、同年3月にはイタリアでジョルジオ・ペトロシアンと初めて拳を交わしている。つまりサワーは日本だけではなく、ヨーロッパでもキャリアを積み重ねていることになる。

前述のシャバリ戦で負傷したため、その後は9月の日菜太戦までブランクが空いたが、07年は9試合、06年は10試合も闘っている。いずれも2カ月に1試合以上のハイペースだ。トーナメントが含まれているとはいえ、日本の一線級でサワーを試合数が多い選手はいない。

スロースターターであることはよく知られているが、一度自分のリズムに乗ったら手がつけられない。矢継ぎ早にオランダ式の対角線のコンビネーションを駆使して、パンチとキックの連打を繰り出していく。あまりにも連打数が多いと、取材している方のメモも追いつかなくなるほどだ。

白眉はボディアッパー。対戦相手が顔面を攻撃されることを想定している時に打ち込むボディパンチほど効果的な一打はない。ここ数年はカウンターのテクニックも上がってきたといわれている。

そんなサワーが12月11日、IT'S SHOWTIMEのギリシャ大会に急きょ参戦することが決定した。今年のK-1 WORLD MAXで史上初の2年連続優勝を達成したジョルジオ・ペトロシアンが拳を負傷したため、その代打としてパジョンスック・スーパープロサムイと対戦することになったのだ。

パジョンスックは今年5月のアムステルダムアリーナ決戦で佐藤嘉洋を判定で撃破しているムエタイ戦士。その後内蔵破裂で重体説が流れていた時期もあったが、不屈の闘志でカムバックを果たした。今年10月のK-1韓国大会にも出場している。

それにしても、代打を送られて人生を大きく変えた男が、今度は代打としてアテネのリングに上がるなんてドラマチックとしかいいようがない。うがった見方かもしれないが、この一戦はサワーにとってターニングポイントになるのではないか。

photo