さてさて、解釈の難しい試合だった。

アウェーの地に乗り込んで強豪オランダ相手に0-3という結果は、数字としては「きわめて順当」と言わざるを得ない。後半の3連続失点は、これはパススピードの違い、その速いパスを正確にコントロールして、すばやくゴールの枠にシュートを飛ばす技術に対して、素直に脱帽するしかない。疲労で運動量が落ちたところに、オランダがフレッシュな選手を投入してきたことで、一気に後手に回ってしまった。中でも、この試合が代表デビューとなったエルジロ・エリアが勝負を決める働きをしたのも予想通り。なにしろ、エリアは昨季はFCトウェンテで活躍し、チームをリーグ準優勝に導いた地元の英雄である。ここで張り切らないはずはない。

問題なのは、それまでの時間帯である。

前半は、どちらかといえば日本がゲームをコントロールしていた。これまでのアジア予選での戦いのように前からプレスをかけてボールを奪うころはさすがにできなかったが、いつもよりやや引き気味に戦って、ハーフラインを越えたあたりから人数をかけてオランダのパスコースを狭めて、ボールを奪ってからパスをつないでオランダ・ゴールに迫った(というか、迫ろうとした)。実際、クロスがオランダ・ゴール前を横切るような場面も何度かあったが、しかし、決定的というチャンスには結びつかなかった。

日本がやや引き気味で、オランダもパスがつなげず……。そんな展開だった。

この日のヨーロッパは、ワールドカップ予選の試合が多々組まれていたが、ほとんどが夜のゲームだ。おそらく多くのサッカー・ファンが「オランダの試合」(「オランダ対日本」ではなく)の中継を見ていたことだろうが、退屈で眠くなったことだろう。日本はパスを攻めているのに、決定的なシュートチャンスは生まれない(日本人なら見慣れた光景なのだが……)。

ハーフライン付近でボールを奪っても、そこからパスをつないでゴール前にボールを運ぶのに手間と時間がかかってしまうから、ペナルティーエリアに入るころには勢いが失われてしまう。だからこそ、岡田監督は「高めでプレスをかけて、ボールを奪って攻める」というコンセプトを掲げてきたわけだ。そこで、後半に入ると、日本チームは高い位置からプレスをかけはじめた。前半の戦いを見て、ある程度自信を持って切り替えたのだろう。だが、さすがに前半を無得点で終わってしまったオランダ側も、後半に入ると本気モードに入っており、激しい攻防が見られるようになった。

そして、中盤でボールを奪われると、長いボールを使われて、日本とは対照的に手間をかけずにオランダの選手はボールを運んできた。そして、エリアのシュートからCKとなり、CK崩れのボールを決められてしまったのだ。先制ゴールを奪われた日本は、当然のことながら、攻撃をしかけようと前がかりになる。そして、見事に裏を衝かれてしまったのだ。疲労で戻りの遅くなった日本のMFは、前半のように中盤で相手の攻撃を遅らせることもできず、あっという間に3失点である。

「これまでやってきた自分たちのサッカーがどこまで通じるのか?」というのがオランダ戦のテーマだった。

徹底的に崩されてしまったら、これまでよりも守備に力を入れざるを得ない。フランスに0-5で敗れた後、トゥルシエ監督が守備の再構築を図ったのと同じだ。サイドバックを守備優先で選ぶとか、中盤に守備専門の選手を置くとか、極端な話、スリーバックに変更するとか、さまざまな方法がある。オランダにそれほど崩されなかったとすれば、今まで通りのやり方で、あとはパススピードとか精度を上げていけばいいという結論になる。オランダ戦は、これから9か月にわたる強化の方向を決める大事な試合だったのだ。

初招集の森本の故障もあって、まさに、オランダ戦のスターティングラインナップは、GKの川島を除いて、アジア予選を戦ってきたときのままだった。後半の20分までは、懸念されていた内田と長友の裏もそれほど崩されなかった。攻撃では多彩な才能を持つが、守備面では弱点となる内田だが、ロッベンやファンペルシーと互角に渡り合えていたのだ。前半の32分には、ロッベンと内田が競り合って、内田が勝った場面もあった。長友は期待通りのフィジカルの強さも見せていた。

だが、後半のある時間帯以降は決定的に崩されてしまったのである。

本気ではなかったロッベンやファンペルシーには互角に戦っていた内田も、本気のエリアには崩されてしまったのだ。前半は通じて、後半は通じなかった日本の守備。それは、単にオランダが本気だったかどうかによるのだろうか?それとも、前半は普段よりもやや引き気味だったから日本の守備が崩されなかったのか?

冒頭に「評価が難しい」と書いたが、つまり、難しいのは前半の戦い方の評価なのだ。

単に前半はオランダが本気でなかったから互角に見えただけなのだとしたら、「これはもうどうしようもない」と結論付けざるをえない。だが、後半、日本が前からプレスをかけに行ったから、それをかわされ、無防備となったサイドのスペースを狙われたのだとしたら、やはりこれくらいの相手と戦うときには、やはり前半のように引き気味で戦って、退屈なロースコアゲームに持ち込むべきだということになる。僕の印象は、単にオランダの本気度だけでもないし、体力的な問題だけでもないというもの。やはり、前からプレスをかけにいくのは危険すぎるのではないだろうか。だから、強い相手と戦うときには、前半のように慎重に守る時間帯を増やすべきなのだ。

前半の戦いでも、選手の並びなど、チームのコンセプトが放棄されていたわけではなかった。ただ、バランスを少しだけ守備の方に移して戦っていただけのことなのだ。だから、バランスは簡単に変えられる。相手の動きが落ちたとか、ゲームの流れが変わったとか、行けると判断したらすぐに高い位置からプレスをかけに行って、また、リズムが悪くなったら元に戻ればいいわけだ。

そんな新しい戦い方を、これから模索していくべきだろう。そして、引いて戦うときには、前にはボールが納められる前田遼一や抜け出して一気にシュートに持ち込める森本貴幸がほしい。

photo

後藤 健生
1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授