ガンバ大阪の試合を久しぶりに見た。清水エスパルス相手に、ホームで1−4という大敗を喫した試合である。昨年のクラブ・ワールドカップでマンチェスター・ユナイテッド相手に真っ向から戦いを挑み、その後の天皇杯ではこれまでにない粘り強さを見せて、期待を持って迎えた今シーズン。Jリーグでも、ACLでも結果が出ずに苦しんでいたG大阪だったが、ここまで“崩壊”の過程が進んでいたとは……。

それほどショッキングな大敗だった。

清水の4ゴールは、ほとんどがカウンターからのもの。前半の唯一の得点になったゴールも、市川大祐のロングクロスをヨンセンが頭で落としたところに長距離を走りこんできた岡崎慎司が決めたもの。岡崎の“異能の才”が生きたゴールであって、G大阪としたら、「崩された失点」とは思えなかったかもしれない。

問題は、ポゼッションの率で言ったら大きく上回り、それなりにパスが回っているのに崩しきれない攻撃にあった。清水は、最終ラインが引き気味にしっかりとスペースを埋め、MFがG大阪のパスの出し手に対して、飽くことなく丹念にアプローチを懸け続けた。相手のアプローチが早いため、G大阪の選手のパス出しのタイミングが少しずつ遅くなってしまう。

G大阪としたら、前線で大きく動いてスペースを作り、そのスペースに2列目、3列目の選手が走りこむとか、時にはロングボールを蹴りこむとか、といった工夫もほしいところだった。だが、G大阪の選手たちは、状況が苦しくなればなるほど「パス回し」にこだわってしまう。それが、このチームが何年もかけて挑んできたスタイルだからである。そのパス回しにしても、リズムの変化があればいいのだが、同じリズムでいくらパスを回しても相手の守備としては楽に対応できる。

試合後、清水の長谷川健太監督は「攻められる場面、シュートを打たれる場面はあったが、崩されてはいなかった。すべて想定の範囲内」と余裕を持って振り返った。後半にプレス席に配布される「ハーフタイムコメント」を見ても、G大阪の西野朗監督は冒頭で「どこかで変化が必要」と語っている。

「変化が必要」。それは誰の目にも明らかだった。

要するに、MFからトップに当てるパスのタイミングやスピードをちょっと早く(速く)するだけでもいいのだし、そんな変化が経験豊富なG大阪のMF陣にできないわけはない。だが、「変化」はピッチ上でまったく実現できなかった。後半も、相変わらず、G大阪がボールを支配してシュートが清水のゴールの枠内に飛ぶ。だが、崩しきれない……。そんな展開が続いた。G大阪のシュート数は、前半の6本に対して、後半は12本と記録されている。そうこうするうちに、CKから清水のDF岩下敬輔が2点目を決める。

「同じやり方で『変化』をつけるのは無理」と見た西野監督は、すぐに2人を交代させる。トップをルーカスから播戸竜二に入れ替えるとともに、左サイドバックの安田理大を退けてMFのドリブラー佐々木勇人を入れ、加地亮をストッパーにしての3バック。3−5−2へシステム変更をしたのだ。「変化」を実現するための「荒療治」だった。それで、たしかに多少の変化は実現したかもしれないが、より大きかったのは「バランスの欠如」という副作用。前がかりになった裏を衝かれて、カウンターからさらに2点を失ってしまったのである。

G大阪のパス回しのサッカーは、長い歳月をかけて築き上げてきたものである。チームが苦しいときには、本来のスタイルに立ち返るのも当然。故障で欠いていた二川孝広や明神智和が復帰し、ようやく本来のメンバーがそろったこともあって、本来のスタイルにこだわる気持ちは分からないでもない。しかし、自らのスタイル=パス回しに拘泥するあまり、パスが形だけのものになってしまう。「がむしゃらさ」も見られない。得点は、レアンドロの個人能力頼りとならざるをえないが、しかし、レアンドロがゴール前でのプレーに固執すればするほど、全体の動きの量は減る……。

「1つのサイクルの終わり」とでも言うべきか。試合中でのパスの変化も必要だが、今の行き詰まりの状況を打破するには、メンバー構成も含めて、もっと大きな変化が必要なようにも感じた。それが遅れて、スタイルに固執しすぎると、かつてのジュビロ磐田のような負のスパイラルに陥ってしまう危険もある。

さらに僕が驚いたのは、試合後の選手や監督の冷静な態度だった。西野朗という監督は、かつては敗戦後は本当に口惜しさを顔に出す人だった。記者会見というよりも、まるで独り言で愚痴を言っているような場面も何度も見てきた。だが、1−4という大敗を喫したこの試合の後、西野監督は冷静に敗因を分析し、反省点を述べた。昔だったら考えられないほど冷静だった。同じように、ミックスゾーンでの選手たちの対応も、驚くほど冷静なものだった。

もちろん、サッカーというスポーツには冷静さは必要だが、あの大敗の後だ。口惜しさ、怒りといった感情がもう少しあってもいいのではないか……。

少なくとも、昨年のACL優勝でつかんだ「アジア最強」という看板は完全に失われてしまった。いまや、日本代最強はJリーグ3連覇に向けて独走状態に入った鹿島アントラーズのものである。同時に、ここ数年ガンバ大阪が掲げてきた「日本でいちばん面白いサッカー」という看板も、サンフレッチェ広島かFC東京にでも譲り渡す日が来たのかもしれない。

photo

後藤 健生
1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授

お知らせ


★コミュニティシールド2009「マンチェスターU vs. チェルシー」 生放送決定!
J SPORTSでは8月9日(日)に行われるプレミアリーグ、FAカップ優勝クラブが対決する
コミュニティシールド2009を生放送でお届けします!

※シーズンオフ中の移籍情報や現地ニュースを更新中!
スポナビブログ『J SPORTSプレミアリーグナビ』はこちらから