1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

ローブ、シトロエンC3 WRCを初テスト

ローブ、シトロエンC3 WRCを初テスト

2017年8月9日 最新WRカーのパフォーマンスに感銘

シトロエンC3 WRCのテストを初めて行ったセバスチャン・ローブは、最新のワールドラリーカーのパフォーマンスに感銘を受けたと語ったが、ウェットコンディションではナーバスなフィーリングが顔を出すため、ドライバビリティついて向上させる必要があるだろうと分析している。

シトロエンとともに9回のワールドチャンピオンを獲得したローブは、火曜日にフランスのターマックステージでC3 WRCのテストを行い、以前のWRカーに比べて高速コーナーのスピードが印象的だったと語った。

「気分は本当に良かった。以前のWRカーと比較すると、高速コーナーがいかに速いかとても印象を受けた」

ローブは、ストラスブールの近郊のフランスのモーゼル地域で行われたテストにダニエル・エレナとともに臨むことになった。朝にはかなり雨が降ったものの、コンディションは午後には改善し、ウェットとともにドライでのコンディションにおいてC3のドライビングを確かめている。

「終盤でのドライターマックでは本当に速かったと感じた。僕には比較するクルマは多くはないが、以前のWRカーに比べてすべてがすこしずつ良くなっている」

「午前中は濡れたコンディションだったのでフィーリングを得るのは難しかった。かなり雨が降っていたので、そのようなコンディションではタイヤは厳しいものがあった。クルマは以前のWRカーよりもナーバスであり、とても難しいものだったが、一日の終わりのドライな状況ではとてもよかったよ」

ローブは、シトロエン・レーシングのチーム代表を務めるイヴ・マトンとチームのエンジニアに多くのフィードバックをもたらし、C3の運転性能の改善について促した。

「ラリーステージで少しレーシングカーで走っているように最初は感じた。完全にドライのときには速くてその効果は高いが、トリッキーなコンディションではドライバビリティついては少し向上させて運転をしやすくしたほうがいいだろう」

ローブは、このテストがかつてチャンピオンシップをともに支配したシトロエンでWRCにカムバックする可能性を否定した。彼はシトロエンで通算78勝を挙げ、2015年ラリー・モンテカルロがチームでの最後のイベントとなっている。

「計画ではただクルマをテストするためだけにここに来た。僕にとっては、新しいWRカーを発見するいい機会になったし、シトロエンにとっては僕のラリーにおける経験にもとづくクルマに関するコメントを得るチャンスになった。しかし、現時点では、将来の計画はない」とローブは語っている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.