1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

冷静な男ラッピが感じた初勝利目前の重圧

冷静な男ラッピが感じた初勝利目前の重圧

2017年8月1日 最終ステージは経験したことない緊張感との戦い

キャリア初優勝が目前に迫ったラリー・フィンランドの最終ステージを前に、トヨタのエサペッカ・ラッピはそれまで経験したことのない緊張感と戦ったことを告白した。

49秒という大きなリードをして迎えた最終日、ラッピはゴールまで残すところ2つとなったステージでホイールを破損、ひやりとした瞬間を経験している。それまでの3日間を驚くほど冷静な表情で戦い、あるときにはチームメイトのヤリマティ・ラトバラを上回る速さをみせてきたにもかかわらず、ラッピはこのとき初めて巨大なプレッシャーに見舞われたと明かした。

「最後のステージの前は、とても緊張した。なぜか分からないけど、ステージの前には気分が悪いとさえ感じた」とラッピは語った。

「(リードがあったとはいえ)このマシンを安全にドライブすることは、簡単ではなかった。なぜなら、あまりプッシュしていないときには、エアロがほとんど効かず、アクティブセンターデフもそれほど効率的ではないと感じるからだ。だから少し速くコーナーに入ってしまい、出口が狭くなっていたので、リヤタイヤが道路から落ちて岩にヒットした。僕はその瞬間、ひやりとして何が壊れたと感じた。でもホイールを壊しただけだった」

「そのときにはパニックはなかった。けれど、最終ステージのスタートで、僕は今までなかったほど緊張していた。でも、スタートしたらすぐに治まった。そしてコントロールできた。フィニッシュラインを越えたときには、心底ホッとしたよ」

「ワールドラリーカーでこのラリーに勝てるとは想像もしたことがなかった。僕たちが得られる最善の結果が表彰台だと思っていた。今は気持ちを言葉にするのが難しいが、本当に特別な週末になったよ」


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.