1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

SS1: タナックが市街地SSを制して首位発進

SS1: タナックが市街地SSを制して首位発進

2017年7月28日 ヌービルもわずか1.1秒差の2番手タイム

2017年世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・フィンランドが、木曜日の夕方に行われたハルユの市街地ステージで開幕、Mスポーツのオット・タナックが前戦ポーランドまで最後まで首位争いを演じたヒュンダイのティエリー・ヌービルに対して1.1秒をリード、またも二人の因縁の対決となりそうなムードが漂うスタートとなった。

すっかりオープニングステージとして定着したハルユのステージは、ホストタウンがおかれるユヴァスキュラ市内の大通りと学園内の公園通りを結んだ2.31kmという短いステージだが、路面はグラベル、石畳、さらにはメンストリートのターマックがミックス、公園内のステージは狭い木々の中を走るスリッキーな難ステージだ。

タナックは前戦ポーランドの最終日のクラッシュで惜しくも優勝を逃したものの、引き続きマシンへのフィーリングに自信をもっており、このステージでも1分14.1秒のベストタイムを獲得、ラリーリーダーとしてスタートすることになった。

「このようなイベントはいつも笑顔になるよ」とタナック。明日から始まる高速のステージにむけて、自信に満ちたコメントを発している。「このようなステージに敬意をもっている。いいフィーリングがあれば楽しめるはずだ」

2位につけたヌービルだが、彼にとっては優勝争いよりも、残された5戦でいかに選手権リーダーのセバスチャン・オジェに追いつくかが重要になるが、ひとまず彼は0.4秒差でオジェを下して初日の目標を果たしている。

「難しいイベントになるだろう」とヌービルは語った。「大事なことは楽しんで、セブと接戦を演じ、そして最後は彼の前でフィニッシュすることだ」

昨年のフィンランドでキャリア初のポディウムを達成したシトロエンのクレイグ・ブリーンがオジェから0.1秒遅れの4番手タイム、地元戦に挑むトヨタにヤリマティ・ラトバラもさらに0.6秒差の5番手タイムで続いている。

6番手にはヒュンダイのヘイデン・パッドン、7番手にはシェイクダウンでシケインにヒットしてラジエータを交換して臨んだユホ・ハンニネンが続き、シェイクダウンを制したシトロエンのクリス・ミークはここでは慎重な走りに徹して8番手にとどまることになった。

また、トヨタの新鋭エサペッカ・ラッピは予想より狭くなっていたシケインのタイヤに軽く接触してしまい、5.7秒差の13番手と出遅れている。

また、WRC2カテゴリーは、シュコダ・イタリアのウンベルト・スカンドラがトップ、トミ・マキネン・レーシングから出場する勝田貴元は1.9秒遅れの6番手、新井大輝も勝田から0.1秒差の7番手タイムでスタートしている。

明日の金曜日は朝6時から夜の21時までの長丁場の一日となる。オープニングステージは7.65kmのハリネンとなり、現地時間7時12分(日本時間13時12分)からスタート予定となっている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.