1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

タナック、クラッシュで昨年のリベンジならず

タナック、クラッシュで昨年のリベンジならず

2017年7月4日 2年連続して雨のポーランドで勝利逸す

まるで昨年を再現するかのように雨の朝となったラリー・ポーランド最終日、オット・タナックは一年前にここで失った勝利を奪い返すべく、取り憑かれたかのようにアクセルを踏み込んだが、待っていたのはクラッシュという最悪の結末だった。

最終日を3.1秒差の2位でむかえたタナックは、オープニングSSとなったSS20オージェシュで驚異的なステージタイムを記録、ティエリー・ヌービルから1.8秒差で首位を奪い返すことになった。

3日間で幾度も首位が入れ替わった今年のポーランド、タナクが首位に立ったのはこれで4回目だったが、彼はこのリードをさらに広げるべくSS21パプロツキで勝負に出る。

朝の雨にもかかわらず、湿ってはいたものの比較的フラットでグリップがありそうなオープンなステージを抜けた先、小さな森のなかに入ったところでドラマは発生した。

木陰のなかは湿って柔らかく、轍のなかには大きな水たまりができており、タナックは姿勢を乱してリヤがバンクに激突、反動で大きく振り出されたマシンはフロントから別の木にヒットすることになる。

タナックはマシンを切り返してゴールを目指したものの、サスペンションや冷却系にダメージを負っていたことから、ここで彼のラリーは終わることになる。

「森の中のマディなところで起こったんだ。リヤでバンクにヒットしてそれによってフロントが木に向かって振りだされてしまった。それだけだ。勝利したいと思ったら、プッシュする必要があるんだ」とタナックは淡々とした表情でアクシデントをふり返った。

「最初のステージでは本当にいい走りができた。僕らハードにプッシュしていたが、クリーンに走りきることができたし、ほとんどパーフェクトな走りだった。しかし、次のステージにはたった1か所しかない滑りやすいところで、続行するにはあまりにも大きなダメージを負うことになってしまった」

「どう言ったらいいのかわからない、このような形でラリーを終えたのは、はっきりいって失望以外のなにものでもないし、チームと僕たちをサポートするためにここに来たすべてのファンの皆さんには申し訳ない気持ちだ。しかし、僕らはパフォーマンスがあることを確認できたので、次戦のフィンランドに集中するつもりだ」

タナックのアクシデントによって、皮肉なことにチームメイトのセバスチャン・オジェが繰り上がって表彰台を獲得、選手権においても貴重なポイントを獲得することになった。しかし、彼のリードはヌービルの勝利によってわずか11ポイントと小さなものになっている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.