1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

SS6/7:ラトバラが首位キープもタナック猛追

SS6/7:ラトバラが首位キープもタナック猛追

2017年7月1日 わずか7SS目でスニネンがキャリア初ベストタイム

トヨタのヤリマティ・ラトバラがラリー・ポーランドの金曜日の午後のループもトップをキープしているものの、雨によってマディとなった難しいコンディションのなか、SS7ビエリチュキを終えてMスポーツのオット・タナックが2.3秒差に迫っている。

SS6フミエレボは多くの観客がコースの安全ではないエリアにいたことからキャンセルとなったため、午後のループはSS7ビエリチュキから始まることになった。

雨はすでに止んでいるものの、ステージには朝のループでラリーカーの走行によって刻まれた轍に水たまりができており、上位陣はことごとくタイムを落とすことになった。ラトバラも5番手タイムがせいいっぱい。彼はどうにか首位をキープしたものの、危ない瞬間があったと告白している。

「恐ろしい。本当に酷いコンディションだ。グリップは非常に弱く、マシンは左右にブレまくった。無事にここにいることが驚きだ」とラトバラは語った。

タナックはラトバラより悪い条件のなかを走りながらも、ティエリー・ヌービルを抜いてラトバラに2.3秒差に迫ってきた。「コンディションは本当にひどいよ。非常にスリッパリーで轍だらけで、何が起きているか理解するのは難しい。おそらく(後ろのドライバーになるに連れて)コンディションは徐々に良くなるだろう」

このコンディションでは一番手走行のセバスチャン・オジェがもっとも大きくタイムをロスすることになり、トップタイムから16.3秒遅れという11番手タイムに沈み、4位はキープしたものの首位からは19.7秒遅れとなってしまった。

なお、このステージではこのポーランドで初めてWRカーで参戦したフィンランドのテーム・スニネンが初めてのベストタイムを奪っている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.