1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

ポーランドのシェイクダウンはヌービルが最速

ポーランドのシェイクダウンはヌービルが最速

2017年6月29日 好調タナックが0.2秒差の2番手タイム

FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリー・ポーランドのシェイクダウンが29日に行われ、ヒュンダイ・モータースポーツのティエリー・ヌービルが2分12.1秒のトップタイムをマーク、前戦でWRC初勝利を飾ったオット・タナックが好調な走りをキープして0.2秒の2番手タイムを出している。

4.90kmのサディのステージで朝8時から行われたシェイクダウンは、前夜に大雨が降ったことで、表面を覆う柔らかなグラベルにはところどころに水たまりが生まれ、マディなコンディションのなかで始まることになった。シェイクダウンは最初からヌービルとタナックの対決ムードでスタート、1回目ではヌービルが0.6秒差でタナクを上回り、2回目の走行では今度はタナックが0.1秒差でヌービルを上回ることになったが、最後の3回目の走行でヌービルがトップタイムをマーク、タナックも0.2秒差で続くことになった。

「クルマのフィーリングがとてもよかったんだ」とヌービルは語った。「路面が柔らかいため、瞬く間に荒れてしまったため、車高の調整を少し行っただけでセットアップを変えることはなかったが、それ以外は最初から快調な走りをすることができたよ」

「路面がウェットになったことで掃除が少なくなるだろうから、この雨が僕らにとっては有利に働くことになるだろう。しかし、いっぽうではグリップが小さくなるので、簡単にオフするようなよりトリッキーなものとなる。ラリーがドライになって安定したグリップになったらいいが、勝利を望むならウェットコンディションのほうであったほしい」

0.4秒差の3番手にはヘイデン・パッドンが続き、セバスチャン・オジェは4回の走行を行ったものの、柔らかい路面には多くの深い轍が刻まれていたためタイムを伸ばすことができず、パッドンから0.4秒差の4番手タイムにとどまった。

5番手にはトヨタのヤリマティ・ラトバラ、6番手にはダニエル・ソルド、7番手にはトヨタ期待の若手エサペッカ・ラッピが続くことになった。

また、今回がWRカーデビューとなるテーム・スニネンはマシンに慣れるために5回の走行を行い10番手、11番手にはアンドレアス・ミケルセンがシトロエン勢の最速タイムで続いている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.