1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

ラッピ、WRカーデビュー戦に確かな手応え

ラッピ、WRカーデビュー戦に確かな手応え

2017年5月27日 「想像してなかったほどポジティブな週末」

先週末のラリー・デ・ポルトガルでWRカーデビューを果たしたエサペッカ・ラッピは、期待していた以上の結果を達成できたと語った。

フィンランドの新星は、昨年にテストドライバーとしてトヨタに加入したが、ポルトガルにおいてチームのドライバーに昇格、ヤリマティ・ラトバラとユホ・ハンニネンのチームメイトとしてヤリスWRCを駆っている。

ラッピはポルトガルのグラベルステージが本格的に始まった金曜日の朝、12番手のタイムでスタートすることになった。しかし、彼はその後、少しずつペースをアップして7位まで急浮上、SS15でサスペンションを壊して5分をロスしたために最終的な順位は10位にとどまったものの、ハンニネンを8つのステージで上回るタイムを出してみせたほか、最後のパワーステージでは4番手のタイムを出して、トヨタ勢のなかで唯一、ボーナスポイントを獲得する速さを印象づけている。

「ポジティブな週末になったよ。トップにもとても近いタイムも出せたからね」とラッピは語った。

「土曜日に起きてしまったことは残念だが、それによって心が乱されることはなかった。このクルマをいかに速く走らせるか理解するためにはできるかぎり速くドライブする必要があったし、そうしないと学べないものだからね。それを土曜日にやったときには、ずいぶん痛い思いをしたが、ラリーはそういうものだし、それが学習のプロセスの一部だ。それ以外は週末を通してすべて順調だった」

ラッピは自身がハンニネンをベンチマークにできることはわかっていたと自信をみせたものの、最終日に2つのステージでラトバラより速いタイムを出せるとは想像してなかったようだ。

「僕にとってユホはより多くのベンチマークになった。それが可能であることはわかっていたが、ヤリ-マティを破ることができるとは期待していなかった」とラッピは語った。「すべてのドライバーが激しくプッシュしたパワーステージのタイムを比較できてよかった。パワーステージでは心底全開で攻めたんだ。そこでポイントを獲得したことはとてもよかったよ」

シュコダとともに2シーズンにわたってWRC2カテゴリーのタイトル争いに挑んできたラッピは、WRカーへのステップアップが急激なものだったと語った。

「ベストタイムを出すためには、そのステージでいかに完璧な走りを続ける必要があるか驚いているよ。彼らはどのようなミスも躊躇もしない。あらゆるところで完璧でなければならないんだ。これはWRC2との大きな違いだ。しかし、そうあるべきだし、それこそが世界で最高のレベルなんだよ」


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.