1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

SS1: オストベルグとヌービルが首位で発進

SS1: オストベルグとヌービルが首位で発進

2017年5月18日 35000人の熱狂的なファンが興奮バトルを見守る

2017年世界ラリー選手権(WRC)第6戦ラリー・デ・ポルトガルが木曜日に開幕、ロウサダのスーパーSSを終えてワンベット・ジッポカーWRTのマッズ・オストベルグとヒュンダイのティエリー・ヌービルが同タイムで並んで首位に立っている。

ラリー・デ・ポルトガルは今年もポルトガル王国発祥の地ギマランイシュでのスタートセレモニーに続いてロウサダ・ラリークロスサーキットでのスーパーSSで始まることになった。3万5000人を超える熱狂的なファンが詰めかけるなか、夕方から始まったこのステージで初のDMACKタイヤでの参戦にもかかわらずオストベルグが2分36.6秒のトップタイム、コルシカとアルゼンチンで2連勝して波に乗っているヌービルも同タイムで首位でスタートすることになった。

首位から0.1秒遅れの3番手にはヒュンダイのヘイデン、4番手には前戦で惜しくも0.7秒差で勝利に届かなかったエルフィン・エバンスが続き、トップ4のうち2台をDMACKユーザーが占めることになった。

シェイクダウンでトップタイムを奪ったダニエル・ソルドも0.5秒差の5番手、6番手には選手権リーダーのセバスチャン・オジェが0.7秒差で続くことになった。

ドライコンディションとなったロウサダはあまりにダストがひどく途中でコースに水が撒かれたため、トリッキーな路面に手を焼くドライバーも現れることになった。オット・タナックは2.4秒遅れの12番手、大きなアンダーステアを出してあわやバリアに激突しそうになったトヨタのヤリマティ・ラトバラは、ステファン・ルフェーブルと並んでどうにか首位から1.5秒遅れの7番手で続くことになった。また、シトロエンのクリス・ミークは慎重な走りで首位からは2秒遅れの10番手につけることになった。

ラリー・デ・ポルトガルはこのあとマトジニョスでのナイトホルトとなり、金曜日の朝10時9分(日本時間18時9分)からスタートするビアナ・ド・カシュテロのステージで再開する。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.