1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

ヌービルが最終ステージで逆転優勝

ヌービルが最終ステージで逆転優勝

2017年5月1日 わずか0.7秒差でエバンスを下す

ラリー・アルゼンチンは、最終ステージのエル・コンドルでヒュンダイのティエリー・ヌービルがそれまで3日間にわたってラリーをリードしてきたエルフィン・エバンスを逆転、わずか0.7秒差で前戦コルシカに続く今季2勝目を飾ることになった。

最終日に残されたのは3SS/55.28kmのみ。11.5秒差の2位でこの日のオープニングSSでスタートしたヌービルは、ブレーキに問題を抱えたエバンスとの差を2.5秒縮め、9秒差へと迫ることになる。エバンスはステージのゴール後、不思議なことにステージ中盤でブレーキの問題は解消したと語ったものの、続くSS17でふたたびブレーキにオーバーヒートのトラブルが襲い掛かる。ベストタイムを叩きだしたヌービルに続いてエバンスは2番手タイムを奪うも、ここで8.4秒を失うことになり、ついにリードはわずか0.6秒となってしまった。

そして迎えた最終ステージ、先にステージを走り終えたヌービルはそれまでに走ったオット・タナックの記録を3.2秒も上回るベストタイムを叩き出してエバンスの到着を待ち受ける。だが、エバンスは最初のスプリットでヌービルを3.1秒上回ることになり、この時点で計算上は3.8秒のリードを築き、初勝利に近づくことになった。

だが、その直後、エバンスは渓谷にかかる鉄橋を渡る際に橋の入り口でワイドになってしまい欄干にリヤをヒット、必死に追い上げるも0.7秒差でヌービルの逆転を許すことになった。

ゴールしたエバンスのマシンに駆け寄って健闘を讃えたヌービルは、「エルフィンは最初のスプリットでは僕より速く、それを眺めているのは僕の人生で最悪の時間だった。だがセカンドスプリットで僕の勝利が決まった。本当に全力を尽くしたよ」と勝利の喜びを語っている。

いっぽう、エバンスは死力を尽くしながらも、ワンミスで初勝利が手のひらからこぼれてしまったことを悔やんでいた。「真ん中で橋をヒットしたので、恐らくそれが差となった。こんな僅差で負けてしまってがっかりだよ。今は受け止めるのが難しいが、僕たちはもっと強くなって帰って来る」

ヌービルから15.3秒遅れで最終日をスタートしたMスポーツのタナックは、オープニングSSで最速タイムを奪って2位まで14秒差に迫ることになったが、最終的には着実な走りで3位表彰台を決めることになった。

セバスチャン・オジェは二日目に一番手ポジションでの路面掃除から解放されたにもかかわらず、さまざまな不運に見舞われてチームメイトのタナクの逆転を許し、最終的には54.8秒も遅れた4位でゴールすることになった。

トヨタのヤリマティ・ラトバラは初日に2位につけながらも、メキシコと同様にエンジンの水温上昇に悩まされることになり、惜しくも5位でフィニッシュすることになった。

また、ヘイデン・パッドンにとってエル・コンドルは一年前に素晴らしい走りで劇的な初優勝を飾った思い出のステージだが、今年はパワーステアリングに問題を抱えてスロー走行、6位が精一杯だった。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.