1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

SS11/12:エバンスがパンクでタイムロス

SS11/12:エバンスがパンクでタイムロス

2017年4月30日 ヌービルがエバンスとの差を44秒に縮める

エルフィン・エバンスが引き続きラリー・アルゼンチンをリードしているものの、ティエリー・ヌービルに対して1分以上あったマージンはパンクによって44.1秒へと縮まってしまった。

SS11はロス・ヒガンティスからカンテラ・エル・コンドルまでの長い38.68kmのステージ。また、SS12はボカ・デル・アロヨからバホ・デル・プンゴまでを走る20.52kmのステージだ。

エバンスはSS11で左フロントタイヤをスローパンクのために6秒を失い、さらに彼はSS12でもステージ終盤でペースノートを少しロストしてワイドになり、リヤタイヤをパンクしたために12秒近くをロス、リードは44.1秒へと減ってしまった。

「SS11のロングステージではスローパンクしてしまった。SS12では、最後の方でノートが少し分からなくなって、コーナーでワイドに行ってしまい、リヤをパンクした」とエバンスは語っている。

いっぽう、エバンスより先にステージを走り終えたヌービルは、SS10でパンクしてスペアを使いはたしているため、エバンスを追撃する考えはないと明かしていた。

「これ以上パンクすることは許されなかった。そこらじゅうが岩だらけだった。エバンスに追いつくのは難しいだろうから、後ろのドライバーたちに抜かれないことを目標としている。特にオジェにね」とヌービルは語っている。

マッズ・オストベルグはリヤディフューザーを失っているために高速ステージの安定性に問題があると語ったものの、オープニングSSで苦しめられた油圧の問題は解消しており、ヌービルとの差はすこし縮まり8.9秒となっている。

オット・タナックはSS11でぺースの上がらないセバスチャン・オジェを抜いてオストベルグの4.1秒後方に迫ってきた。オジェはSS12を走り終えたあとなにかが壊れているために「とても運転できない」と告白した。

リヤをすこしやわらかめのセッティングにしたヤリマティ・ラトバラは自信を取り戻しつつあると語り、オジェの14.1秒後方に迫ってきた。また、チームメイトのユホ・ハンニネンは昨日と同様にエンジンをパワーが上がらないトラブルに苦しめられており、ロレンツォ・ベルテッリに抜かれて9位にポジションを落としている。

なお、SS11と12は金曜日にリタイアしてラリー2で再出走しているクリス・ミークがベストタイムを奪っている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.