1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

SS4/5: エバンスが首位をキープ

SS4/5: エバンスが首位をキープ

2017年4月29日 ミーク横転、シトロエンまさかの全滅

朝から波乱が続出しているラリー・アルゼンチン。2位につけていたシトロエンのクリス・ミークがSS4の横転によってステージ後にリタイアとなるなか、ラリーリーダーのエルフィン・エバンスがSS4に続いてSS5でもベストタイムを奪ってリードを30.1秒へと広げている。

SS4はサンタ・ローザからサン・アグスティンへ向かう23.85kmのステージ。スタートから650mの地点には、ペター・ソルベルグが1999年に横転したことで有名な浅瀬がある。この川を横切ることは比較的単純なものの、川の深さによっては問題を引き起こす可能性があり、その後の1.4kmはトリッキーだ。滑らかな砂の上の高速でオープンなステージだが、フィニッシュに向かってバンピーになっていく。

首位のエバンスは一歩間違えると大きなミスをしかねないこのステージであまり快適に走れないと感じてペースをダウンすることになったが、この判断がライバルとの明暗を分けた。2位につけていたミークが12.7km地点の大きなバンプを越えたあとでクラッシュ、ウィンドスクリーンやリヤスポイラーを壊してひどい状態で6分31秒遅れでゴールしたものの、ロードセクションでリタイアとなった。

このステージを終えて23.6秒の2位へと浮上したのはトヨタのヤリマティ・ラトバラ。彼は序盤の川渡りでフロントスポイラーを壊したために高速での安定性に問題を抱えたものの、2.8秒差の2番手タイムでフィニッシュ、ポジションを上げることになった。

つづくSS5は例年おなじみとなったヴィージャ・カルロスパスのテーマパークに設けられたスーパーSS。エバンスは、グラベルで行われたこのステージに4組目で出走、クリーンになった路面の恩恵をここでも受けることになり、朝のループすべてのステージでベストタイムを奪い、2位のラトバラとの差を30.1秒へと広げてサービスへと戻ってきた。

「今朝は本当に上手く行ったので満足だよ。すべてが完璧だったわけではないが、多くのライバルたちが見舞われたような問題が僕にはなかった」とエバンスは語った。

「午後のステージでもプッシュすることとマシンとタイヤをセーブすることのバランスは、当然、厳しいだろう。僕たちはタイヤの開発が功を奏し、これらのラリーで僕たちが有利になると感じていたが、このラリーでの実際の仕事は、ここからだ。フィニッシュまでまだ長い道のりだよ」

2位でサービスへと戻ったラトバラは、午後のループはさらに荒れるだろうと語り、最後まで走り切るために集中して臨むと語った。「僕が想像していたよりも荒れている。マシンは何度もサンプガードをヒットした。今シーズンの最も厄介なイベントだし、このあとも多くのことが起こり得る。本当に集中しなければならないし、最大限にプッシュすることは常に避けるべきだ」

スウェーデン以来となる久しぶりのWRC参戦となったマッズ・オストベルグは、「リズムが悪くてペースを掴めない」と語りながらも、ひどいコンディションのステージできっちり生き残り、ラトバラから5.5秒遅れの3位につけている。

オット・タナックはオープニングSSのあとのセッティング変更が奏功してペースをアップ、SS4でも「いいフィーリングではなかった」と不満そうに語りながらもでは3番手タイム、朝のループを終えてオストベルグと4.2秒差の4位へと順位を上げてきた。

完全にドライとなったサンディなステージで路面掃除に苦しんだセバスチャン・オジェは首位から41.7秒遅れ、タナックからは1.9秒差のの5位で朝のループを終えることになった。

SS3で右フロントダンパーに問題を抱えたヌービルがSS4では右リヤタイヤのバーストに見舞われて20秒あまりをロス、首位から50.2秒遅れの6位となっている。

クレイグ・ブリーンはチームメイトのミークと同様にSS4サンタ・ローザのバンプでフロアを打ったあと5速にスタックするギヤトラブルで5分をロス、どうにかフィニッシュするも彼もまたリタイアとなった。これでシトロエンは2台を同時に失うことになってしまった。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.