1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

ラトバラ、シェイクダウンでトップタイム

ラトバラ、シェイクダウンでトップタイム

2017年4月28日 2-3-4番手をヒュンダイ勢が占める

木曜日の朝に行われたラリー・アルゼンチンのシェイクダウンで、トヨタのヤリマティ・ラトバラがトップ3が0.2秒差にひしめく僅差のバトルを制してトップタイムを奪った。

アルゼンチンのシェイクダウンは、ヴィージャ・カルロスパス〜カバロンガの6.01kmのグラベルステージで現地時間の朝8時からスタート、トヨタ・ヤリスWRCを駆ったラトバラが、昨年のアルゼンチン・ウィナーのヘイデン・パッドンを0.1秒上回り、ダニエル・ソルドもチームメイトからさらに0.1秒差で続く大接戦となった。

ソルドは最初の走行でペースをつかみ、2回目の走行までトップタイムを守り続けたが、3回目の走行でチームメイトのパッドンに抜かれることになった。多くのドライバーが規定の3回の走行でシェイクダウンを切り上げるなか、それまで5番手タイムにとどまっていたラトバラが4回目の走行を行って0.1秒差でパッドンを逆転、3台のヒュンダイを抑えてトップタイムをマークすることになった。

「クルマのフィーリングが素晴らしいよ。すでに1回目の走行から快適に走ることができた」とラトバラは語った。「昨年、僕はダンパーがボンネットを突き破って終わりになるまでヘイデンとの素晴らしいバトルをすることができた。このフィーリングのままにドライブして、そしてどうなるか様子を見てみるよ」

ヒュンダイのティエリー・ヌービルが首位から0.6秒差の4番手タイム、一番手のポジションからスタートした選手権リーダーのセバスチャン・オジェはヒュンダイ勢を上回ることができず、ヌービルから0.4秒遅れの5番手タイムに止まることになった。

スウェーデン以来の登場となるマッズ・オストベルグが6番手で続き、前戦ウィナーのクリス・ミークは7番手でシェイクダウンを終えている。

ラリーベースが置かれるヴィージャ・カルロスパスでは、気温が明け方では氷点下近くまで下がったが、シェイクダウンが始まるや急速に暖まり、雲ひとつない空の下で19度まで上昇、木曜日の日中では最高気温23度まで上昇すると天気予報は伝えている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.