1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

ヌービル、「この勝利は重要な成果」

ヌービル、「この勝利は重要な成果」

2017年4月10日 コルシカでの勝利で選手権3位に浮上

ツール・ド・コルスで今季初優勝を飾ったヒュンダイのティエリー・ヌービルは、この勝利を「重要な成果」だと語った。2017年のシーズン開幕以来、彼は速さを誇りながらも、優勝から見放されてきたが、この週末に彼とヒュンダイがみせた速さは、タイトル戦線へのチャージが十分に可能であることを思わせるものだった。

ヌービルは初日を首位から25.8秒遅れでスタートしたが、二日目の朝から突如ペースを上げて最速タイムを連発、それまで首位を快走してきたクリス・ミークがエンジンを壊したあとラリーリーダーに立ち、追いすがるセバスチャン・オジェにも逆襲の機会を許さなかった。

モンテカルロで、そしてスウェーデンという開幕戦の2戦においてあとわずかのところで自らのミスで勝利を失ってきたヌービルは、コルシカでの今季初勝利によって開幕からの悪夢に決別、ドライバーズ選手権でも3位に浮上することになった。

「今季がスタートしてからここまで長かった。開幕からの2戦で勝ちそうだったが、勝てなかった。しかし、今週末、僕は大きな期待を持っていた。ターマックでは自分たちは速いと知っていたから最終日にはプレッシャーはなかった。あのようなことが2度も起きたのだから、続けて3度起きることはあり得ないって自分に言いきかせていたからね」とヌービルは語った。

「これまでに2度の勝利を経験しているが、フィニッシュラインを越えた後、涙を流したのは初めてだと思う。僕はあまり感傷的にならないからね。だが今回のこの結果は、それだけ僕たちにとって重要だった」

ヌービルは序盤、思ったほどペースが上がらなかったが、路面特性が変化した二日目以降にはi20クーペのポテンシャルを最大限に引き出すことができたと語った。不運が続いてきたが、この週末に彼とヒュンダイがみせた速さは、タイトル戦線へのチャージが十分に可能になったと思わせるものだった。

「ラリーがスタートしたら僕たちの期待とは全く違っていた。フィーリングも良かったし、ドライビングも上手く行き、速く走れていると思ったのに、タイムが伸びなかったんだ」 とヌービルは語った。

「しかし、土曜日にむけて、いくつかの部分に変更を加えたが、しかし全般的には、道路の異なる特性がよりマシンに適していたように感じた。そのあとそのような路面においてマシンのポテンシャルをフルに引き出すことができたので、僕たちはステージを飛ぶように駆け抜けることができた。ここでの勝利は素晴らしい気持ちだよ」


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.